anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ローズマリーの赤ちゃん

1968年作品、ロマン・ポランスキー監督、ミア・ファロー主演。

俳優の卵?ガイ(ジョン・カサベテス)はニューヨークのアパートに妻のローズマリー(ミア・フェロー)と引っ越してくることになった。
まだ荷物のない部屋で、二人で今後のことを話し合う二人。 引っ越してくると、隣人の老夫妻に挨拶をした。 そこには養女が1人いた。 彼女は、いつもタニスの入った異様な匂いを発するペンダントをしている。
ローズマリーは新居での不安が彼女と知り合いになり少し楽になった。
ところがその彼女はアパートから飛び降り自殺をしてしまうのだった。 外出から帰ってきて、変わり果てた彼女を見てショックを受けるローズマリー
そこへ隣人の老夫婦・ローマンとミニーのカスタベット夫妻(シドニー・ブラックマー、ルース・ゴードン)が返ってくるが、二人はあまり動じないのが不思議だった。
同じ年代の知り合いがいなくなり、不安なローズマリーだったが、カスタベット夫妻が親切にしてくれるので、だんだんと気を許すようになっていった。 特にガイは何かと夫妻に気を遣い、新密度が増していくのだった。
ガイは急に回ってきた大役で自信をつけ、子供を作ろうと言い出した。 喜ぶローズマリー。 しかしそこからローズマリーが味わう恐怖とは・・・

ホラー映画の古典?と言えるこの作品、じっくり見るとどちらかというと、人間ドラマですね。
心理的なホラーですが、幽霊や怪物は一切出てきません。 しかしラストのローズマリーが一番怖いかもしれませんね。 わが子を受け入れ、この後ローズマリーがどう変貌を遂げるのかが結構興味がありますね。
一応ホラーというジャンルに入れようと思いますが、ドラマに入れてもいい作品ですね。 でもこの時代にこれを撮ったロマン・ポランスキー監督はすごいですね。
ただこういう悪魔崇拝の設定は日本人はちょっと苦手かもしれませんね。

イメージ 1
引っ越してきた二人

イメージ 2
夫が外出している間は不安なローズマリー

イメージ 3
仕事が良くなってきた夫は彼女を励ます

イメージ 4
しかし彼女は

イメージ 5
そして妊娠した彼女だが

イメージ 6