anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

必死剣鳥刺し

2010年作品、平山秀行監督、藤沢周平原作、豊川悦司主演。
 
海坂藩は東北の藩。 舞台は能の場面から始まる。 
藩主右京大夫村上淳)、側室の連子(関めぐみ)を始めとして一同が鑑賞している。 能が終わり連子が拍手をするとつられて右京が、それが合図のように皆が拍手をする。 右京が退出すると、順に連子が、その連子の行く手を塞ぐ様に兼見三左エ門(豊川)が立ち、なんと連子の心臓を一突き、連子はその場で絶命する。
抵抗することなく兼見はおとなしく捕えられる。 どうやら覚悟の行動らしい。 側室殺害なら、お家取りつぶしは免れないが、なんと1年の閉門、家禄も半減と言う何とも慈悲深い御沙汰となった。
兼見は妻を亡くしており跡取りもいない。 本人は打ち首、断絶を覚悟していて逆に疑問を申し立てるが、却ってお上の寛大な取り計らいと言われ、黙って家を閉じ謹慎生活に入る。 兼見はいったいなぜこのような刃傷沙汰を引き起こしたのか?
それは連子が側室になり、今までいろいろな横暴な振る舞いがあったからであった。 
お上も骨抜きとなり、唯一意見できる存在の、帯屋隼人正(吉川晃司)の諫言も無視し暴走するお上と連子。 藩の財政はますます苦しくなり、とうとう一揆がおこる。 それを何とか静める帯屋だが、帯屋の心にはある覚悟が芽生える。 そんな状況をただ見つめる兼見だが・・・
いまはおとなしく謹慎生活を送る兼見で、身の回りの世話は出戻りの姪里尾(池脇千鶴)が甲斐甲斐しく尽くす。 
そして1年が過ぎた。 兼見は以前の碌に復帰し、なんとお上の側用人となる。 いったいどうして? 兼見は疑問を持つが、中老・津田民部(岸辺一徳)からお上の特別な計らいと繰り返し言われる。 ところがこれにはどす黒いたくらみがあった・・・
 
いや~藤沢作品は小説で読んでもいいですが、映像化するとこれまた凄味がありますね。
一連の作品は映画、テレビドラマで見ていますが、これもまた名作ですね。 ラストの必死剣はすごい迫力です。
豊悦の演技も重厚さが出ており、見事に演じきっていますね。 まだまだ藤沢作品はあるので、じっくりと映像化をしてほしいですね。
 
イメージ 1
藩主と側室
 
イメージ 2
兼見の突然の乱心?
 
イメージ 3
しかし彼は腹を切らされることなく蟄居となる
 
イメージ 4
藩主に換言していた帯屋
 
イメージ 5
そして陰謀の渦に・・
 
イメージ 6