anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

大人は判ってくれない

1959年作品、フランソワ・トリュフォー監督、ジャン=ピエール・レオ クレール・モーリエ アルベール・レミー ジャン=クロード・ブリアリ出演。

12歳のアントワーヌ・ドワネルジャン=ピエール・レオ)にとって、毎日は苦痛の連続であった。 学校では成績も悪く、いたずら好きで先生に叱責される。 家では厳しい母親・ジルベルト(クレール・モーリエ)と、稼ぎも少なくうだつの上がらない父親・ジュリアン(アルベール・レミー)に囲まれた息の詰まる生活。 寝袋にくるまって両親のケンカを聞かされる日々。

ある日、登校中に親友のルネ(パトリック・オーフェー)と出会い、学校へ行くのを止める。 午後に母親が街中で見知らぬ男と抱き合っているのを見て視線が合う。 母は帰宅せず、翌朝、前日の欠席の理由を教師に追及されて「母が死んだのです」と答えるが、欠席を知った両親が現れてウソがばれる。
そんな彼の楽しみは映画を観ることだけだ。 しかしある日、尊敬するバルザックの文章を丸写しして提出した作文がばれて叱られ、弁護したルネが停学になる。 アントワーヌも家を出て、金持ちのルネの家に隠れ住む。 やがて金に困り、ルネと一緒に父の会社のタイプライターを盗む。 換金できず、戻しに行った時に守衛に捕まってしまう。

監督はフランソワ・トリュフォー、2作 https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=フランソワ・トリュフォー 記事を挙げていますが、これが長編初監督作品のようです。
主演のアントワーヌ役をジャン=ピエール・レオ、「コントラクト・キラー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/09/28/180000 で主演でしたが、アキ・カウリスマキ監督作品に近年は出ています。

物語はちょっと複雑な家庭に生まれ育った少年のお話です。 彼は母の連れ子で、父は血が繋がっていないようです。 喧嘩が絶えない夫婦に嫌気がさし、学校でも多少の問題児でした。 そしてルネと出会ったことで、彼と連んでいたずらの枠を超える行動に出ていきます。
日本で言う少年院に入れられてしまうアントワーヌですが、ここは結構リアルに描かれていますね。 そしてラストが象徴的でした。彼の人生が気になるエンディングでした。