anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

禁断の惑星

1956年作品、フレッド・M・ウィルコックス監督、ウォルター・ピジョン アン・フランシス レスリー・ニールセン ウォーレン・スティーヴンス出演。

宇宙移民がはじまった2200年代。 アダムス機長(レスリー・ニールセン)が率いる宇宙船C-57-Dは、20年前に移住しその後連絡を絶った移民団の捜索のために、アルタイル第4惑星へ着陸する。 アルテア4移民団の生き残りは、モービアス博士(ウォルター・ピジョン)と、アルテア4で誕生した彼の娘であるアルティラ(アン・フランシス)のわずか2名と、モービアスが作り上げたロボット・ロビーだけだった。
モービアスは捜索団に対して、アルテア4にはかつて、極度に発達した科学を創り上げ進化した「クレール人」が先住民族として存在したが、原因不明な理由で突然滅亡した、と告げる。 そして移民団は正体不明の怪物に襲われ、自分たち2名と彼の妻以外は死んでしまったという。 残ったモービアスは、クレール人の遺跡に残っていた巨大なエネルギーを生成する設備を分析・使用し、モービアス自身の能力を飛躍的に増進させていた。 ロビーもその結果出来たものだ。さらに彼は、おそらくC-57-Dも怪物に襲われるだろうと予告し、一刻も早くこの星を離れるよう求める。 そしてモービアスの言葉通りにふたたび現れた怪物はC-57-Dを襲撃、乗組員を殺害し始めた。

しかしアダムスは、アルティラと恋仲となったこともあり、即時の離陸を拒否。 モービアスとアルティアを、あるいはせめてアルティラだけでも、地球に連れ帰ろうとする。

監督はフレッド・M・ウィルコックス、初めて見る監督ですが、小さい頃名犬ラッシーは見ていましたね。テレビ版ですが。
モービアス役はウォルター・ビジョン、記事にした作品はありませんでした。
娘役でアン・フランシス、記事にした作品はありませんが、セクシーで美人ですよね。
レスリー・ニールセンは、「最“狂“絶叫計画」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15060973 に出演、このシリーズの常連でしたね。

今作で一番有目になったのはロビーロボットですね。 お宝にもなり、SFコレクターには必須アイテムになりましたが、復刻版が出るほど人気でしたね。 ただ映画としては初めて見ましたが、今から60年以上前に作られた作品には思えないほどうまくできていましたね。

2200年代に、もし人間が生きながらえて、平和的に宇宙進出をしていたら、こういうシチュエーションがあってもおかしくないと思います。 興味深いのは宇宙船が円盤タイプということですね。 重力制御ができる技術開発をしているってことなんでしょうね。


f:id:anttiorb:20220303173548j:plain

f:id:anttiorb:20220303173555j:plain

f:id:anttiorb:20220303173605j:plain

f:id:anttiorb:20220303173607j:plain

f:id:anttiorb:20220303173620j:plain

f:id:anttiorb:20220303173622j:plain

f:id:anttiorb:20220303173630j:plain