anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スイッチング・プリンセス: もう一度スイッチ!

2020年作品、マイク・ロール監督、ヴァネッサ・ハジェンズ スーアン・ブラウン ラックラン・ニーボア マーク・フレイスチマン出演。

モンテナロ国王の崩御でマーガレット(ヴァネッサ・ハジュンズ)が継承者なることになった。 そのことがきっかけで、マーガレットとケビン(ニック・サーガル)は別れてしまう。 ベルグラビア王宮では、マーガレットと瓜二つのステイシー(ヴァネッサ・ハジェンズ)は、夫で国王のエドワード(サム・パラディオ)とそれぞれの公務で忙しくしていた。 エドワードはもう少し夫婦2人の時間が欲しいと思っていたが、ステイシーは公務にやりがいを感じていきいきしており、なかなかその気持ちをはっきり伝えることができずにいた。
マーガレットとケビンが別れてしまった知らせを聞いて心配になるステイシー。 ステイシーはマーガレットの戴冠式に招待されており、モンテナロに行く途中でシカゴに寄って、ケビンに戴冠式に来るよう説得しに行くことにする。 ケビンは行くことを渋るが、娘のオリビア(ミア・ロイド)の後押しもあって、モンテナロに行くことにした。
宮殿に着くと、もうすぐ戴冠式だというのに飾りつけを一切していない、マーガレットは父の喪に服すことが大事だと言い、派手な装飾は自粛しようとしていた。 それではだめだとステイシーは立ち上がり、みんなでクリスマスの飾りつけをすることにするのだった。
マーガレットはケビンが来たことに驚いていたが、嫌そうではなかった。 すると、主席補佐官のトニー(ラクラン・ニーボア)がやってきた。 マーガレットとトニーは学友で、マーガレットはトニーをとても頼りにしていた。 ステイシーは2人の仲を怪しむ。
パーティーが始まると、ケビンはマーレットをダンスに誘いとてもいい雰囲気に。 翌日ドライブに行くことも約束をする。 その後、マーガレットのいとこのフィオナ(ヴァネッサ・ハジェンズ)が現われ、場違いなゴスっぽい服を着て失礼な態度を会場で振りまく。 フィオナに注目を浴びている間に、フィオナの付き添い人がこそこそとパーティー会場で盗みは始める。 フィオナは生活の質を落としたくないがために、お金に必死だった。
翌日、マーガレットとケビンがドライブに出かけようとすると、トニーから急用ができたからドライブを中止してほしいと言われてしまう。 しかたなく、マーガレットはケビンとの約束をキャンセルし、マーガレットが急用とは何かトニーに尋ねると、豪華なアクセサリーをプレゼントされ、告白をされる。 マーガレットは答えを濁すのだった。

ケビン役はニック・サーガル、このシリーズでしか見ていません。
そしてライバルのトニー役でラクラン・ニーボア、他作品もある様ですが未見でした。

さて、二つのカップルが出来てめでたしと思いきや、マーガレットにモンテナロ国王の継承者になることが決まってしまいました。 ステイシーはエドワードについて、 戴冠式に出席するんですが、傷心のケビンに会いにシカゴに寄ります。 しかしまだケビンの気持ちは離れてはいないことを確認、もう一度なんとかしようと戴冠式に行くことを強烈に進めます。 そしてオリビアと共にモンテナロに行くことになります。
そして問題はマーガレットの気持ちですが、やはり彼女もまだケビンに対する気持ちは離れていませんでした。
しかしここにライバルが出現、そしても一人厄介な人物も登場します。

今回は一人三役に挑戦するヴァネッサでしたね。 まさか3人とも入れ替わることはなかったんですが、でもこれは伏線の様なものを感じましたね(^^) また今作はちょっとダークな陰謀ものになっていて、1作目のハッピー路線から少し変わっていますね。 でも基本はラブストーリーなんですがね。

 

f:id:anttiorb:20211222204901j:plain

f:id:anttiorb:20211222204906j:plain

f:id:anttiorb:20211222204910j:plain

f:id:anttiorb:20211222204919j:plain

f:id:anttiorb:20211222204922j:plain

f:id:anttiorb:20211222204929j:plain

f:id:anttiorb:20211222204931j:plain