anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ルパンの娘 第1シリーズ ④

2019年作品、武内英樹 品田俊介 洞功二演出、深田恭子 瀬戸康史 小沢真珠 渡部篤郎出演。

第4話

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。 しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。
そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。 相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。 華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。 途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。 見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。
華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。 円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。 実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。
傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。 ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。 泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。 そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

和馬の見合い相手に出てくるエミリ役で岸井ゆきの、「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/19/060000 に出演していました。映画の方が出演が多いですね。
円城寺輝役で大貫勇輔、映画出演記事はありませんでした。
第1話のゲストは、宝石店店長役で前川泰之、「Fukushima 50」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/17/060000 に出演していました。
龍崎組組長の剛役で藤原喜明、映画出演の記事はありませんでした。

複雑な展開になってきましたね。 和馬の母にはなんとか信頼を得ますが、一方で政略的なお見合いの話が進んでいます。 さらに、Lの一族逮捕の協力まで求められてしまいます。 家族を売ることになってしまうのか?まあそんなことはできませんが。

 

f:id:anttiorb:20210902183622j:plain

f:id:anttiorb:20210902183624j:plain