anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

狂猿

2021年作品、川口潤監督、葛西純出演。

1998年のデビューからデスマッチ第三世代として2000年代のデスマッチシーンを席巻、現在に至るまで国内外における知名度、人気、カリスマ性の全てにおいてトップの座に君臨し続けるプロレスラー・葛西純。 狂猿(クレイジー・モンキー)の愛称でリングに強烈なインパクトを与え続ける彼のことを、人は”デスマッチのカリスマ”と呼ぶ。そんな彼に一年に渡り密着。 2019年夏頃から悩まされていた腰椎椎間板と頚椎椎間板ヘルニアの併発により、葛西は長期欠場を決断。 同年12月25日、自身のプロデュース興行を最後に長期欠場に入った。

復帰を誓いコンディションの調整をし続け、モチベーションを高く持ちながら迎えた2020年、新型コロナウイルス感染拡大が起こり、エンターテインメント業界そのものを脅かす未曾有の事態がカリスマ不在のリングに襲いかかる。

6月10日、緊急事態宣言は明けたものの多くの団体が興行に二の足を踏む中、プロレス団体FREEDOMSは意を決し有観客興行を開催。 誰もが心待ちにしていた“カリスマ復活の日”であったが、そこにはこれまでのプロレスのあり方とは全く違う景色が広がっていた……。

美学を胸に壮絶なデスマッチ人生を歩んできた傍ら、家族に対する愛や飾り気のないその生き様で多くのレスラーから尊敬され、ファンに愛される葛西純。壮絶なレスラー人生を、彼自身と関係者の証言を交えながら綴る。


これは見たかったドキュメンタリーでした。
監督は川口潤、一昨年のドキュメンタリー作品が見たかったんですが、レイト上映がほとんどだったので見逃している監督です。


葛西純は、大日本プロレス出身の小柄なレスラーですが、今はもうデスマッチのカリスマといえば彼と言う存在にまでなっています。
彼は身長が小さかったので、初めはプロレスラーにはなれないと思っていて、体重別の格闘技をやろうと思っていたそうです。 しかしHIV検査で陰性になったことから、自分の人生やっぱり好きなことをしなければ、そう思い大日本プロレスの門を叩いたと言うことでした。
大日本プロレスは元日プロで、のちの全日本に行って引退したグレート小鹿氏が起こした団体で、小さいながら他団体と提携しながら今でも生き延びているプロレス団体ですね。 もちろんメジャーには慣れませんでしたが、デスマッチ路線を開拓した団体の一つですね。そこで育ったのが葛西純ということになりますかね。


親日ファンの私にとっては、提携した頃はあまり上位の選手ではなかったので、イロモノ的に扱われていたくらいの印象でした。
しかし今は、彼を見にくる、生き様を、グロいほどの危険度を、そして巧みなマイクパフォーマンス、そして心を打つセリフが高い人気を保っているようですね。
このドキュメンタリーは必見ですが、心優しく、真面目で、それで頭もいい、センスの塊のような印象を受けました。

 

f:id:anttiorb:20210617194021j:plain

カリスマになった葛西純

 

f:id:anttiorb:20210617194026j:plain

しかし長年の過激なデスマッチで

 

f:id:anttiorb:20210617194033j:plain

ヘルニアを発症

 

f:id:anttiorb:20210617194037j:plain

そして、休養に入り家族との時間が増える

 

f:id:anttiorb:20210617194042j:plain

彼の故郷も訪ねる

 

f:id:anttiorb:20210617194047j:plain

そして復帰戦が決まる

 

f:id:anttiorb:20210617194053j:plain