anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ガス人間第1号

1960年作品、本多猪四郎監督、土屋嘉男 三橋達也 八千草薫 左卜全出演。

吉祥寺の富田銀行を襲った銀行ギャングは、岡本警部補(三橋達也)らの必死の追跡にもかかわらず、五日市街道のはずれの一軒家、日本舞踊の家元春日家あたりで姿をくらました。

ギャングは、再び東海銀行を襲った。 行員の死因は血管に何やら得体の知れぬ気体の詰った窒息死だった。 岡本は、春日藤千代(八千草薫)の貧窮からの立直りをあやしく思った。 派手なキャデラックを乗り廻し始め、絶縁関係の芸人達にも金をバラまいているという。

岡本の許婚者で東京新報の女記者京子(佐多契子)は、藤千代の身辺をさぐり始めた。岡本らは、強奪された銀行の紙幣のナンバーと藤千代のバラまく札のナンバーが一致するのを発見、共犯容疑で逮捕した。 ところが、京子の許に犯人から新宿の三協銀行を襲うという予告の電話があった。

三協銀行とは反対の大森銀行を襲ったが、犯人はあっさり捕まった。 この男前科五犯の西山(山本廉)の自供はあやしいものだった。 そこへ新報の川崎(野村浩三)が連れてきた水野(土屋嘉男)という図書館に勤める青年が、自ら犯人と名のり犯行の様子を見せようという。

銀行に行った岡本らの自前で、水野は一条の白いガスに変った。 ガス人間だったのだ。 彼は、人間が宇宙旅行を容易にできるための人体実験の失敗によっていつでもガス状になることのできるガス人間にされてしまったのだと言った。 釈放された藤干代の発表会の準備は進んだ。 田端警部(田島義文)は、この発表会に現われるガス人間を会場ごと爆破させようと図った。


さて3作目はこの作品です。
監督はまた本多猪四郎に戻り、また円谷英二とタッグを組みます。
そして今回はちょっと調子の良い刑事役で三橋達也、そして日舞の家元役で八千草薫。二人とも若いんですが、特に八千草薫の美しさ、可愛さは物凄いんですね。


物語は銀行ギャングが現れます。 そして犯人を追跡して、見失ったところで、そこには日本舞踊の家元の家がありました。 そこにいたのは藤千代と家元のそばにいる鼓氏の老人:じいやと二人きり。 ここはあまり他家とは遠ざかっていて、孤立していました。
警察は一応取調べ、不審者がいないと確認をしましたが、彼女は容疑者になってしまいます。 それは藤千代がいきなり羽振りが良くなったからでした。 そして彼女が足繁く通うところの一つに図書館がありました。 日舞の勉強のために通っていますが、そこの職員の水野とは何かありました。
そして第二の犯行が行われますが、実はこの犯人は第1の犯行とは別の犯人でした。 しかし彼女が共犯で捕まってしまったことで、とうとう真犯人が名乗り出てきます。 それはなんと図書館の水野でした。 そしてどうやって犯行に及んだのか? そして自分がガス人間だということを実践していきます。
どうした彼がガス人間になってしまったのか? そこには悲しい過去がありました。


今作で一応変身人間シリーズは終わるんですが、実はこの3作の前に、もう一つ東宝の作品があります。 明日はちょっとその作品をあげて、その後に通常の記事とする予定です。  


f:id:anttiorb:20210102123614j:plain

家元の藤千代

 

f:id:anttiorb:20210102123617j:plain

爺やと二人きり

 

f:id:anttiorb:20210102123622j:plain

図書館の職員の水野

 

f:id:anttiorb:20210102123631j:plain

彼が資金援助していた

 

f:id:anttiorb:20210102123637j:plain

彼こそ銀行ギャングで

 

f:id:anttiorb:20210102123640j:plain

ガス人間だった

 

f:id:anttiorb:20210102123643j:plain

そして部隊は決行されるが

 

f:id:anttiorb:20210102123647j:plain