anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヘルムート・ニュートンと12人の女たち

2020年作品、ゲロ・フォン・ベーム監督、シャーロット・ランプリング イザベラ・ロッセリーニ グレイス・ジョーンズ アナ・ウィンター クラウディア・シファー出演。

長年にわたって一流ファッション誌で女性を撮り続けたファッション・フォトグラファーの巨匠ヘルムート・ニュートン。 1920年にドイツ・ベルリンに生まれ、映画やラジオなどの大衆文化が広まったワイマール文化の中で育ったニュートンは、1950年代半ばから各国版『ヴォーグ』誌をはじめとするファッション誌に次々に作品を発表。

女性たちはワーグナーの歌劇に登場する女神のようであり、バロック趣味のインテリアや建築物に覆い尽くされた作品世界は、それまでの着せ替え人形のようなモードを見慣れていた読者に強烈なインパクトを与えた。

しかし彼の作品に対し、ポルノまがい、女性嫌悪主義といった声も上がり議論を巻き起こし、20世紀を最も騒がせた写真家とも呼ばれた。 2004年にロサンゼルスで自動車事故により不慮の死を遂げた後も長く人々の記憶に残り続ける写真家の作品世界を、ニュートンにインスピレーションを与えた12人の女性たちの視点から捉え直す。


戦中から戦後、21世紀まで撮り続けた巨匠ですね。
監督はゲロ・フォン・ベーム、初監督作品でしょうか。
今作はハッション界に君臨し続けた、ヘルムート・ニュートンの伝記映画ですね。 実際の生前の動画もいっぱいありますし、数々のモデルを務めた、女優、歌手、若きモデルたちのインタビュー形式で、彼の人となりを描いています。
なかなか女性ファッション誌を見ることはありませんが、どうやら彼の撮った写真を見ると、挑戦的であり、今でいう炎上を世界的に結講しているようですね。

現代だったら、この数倍のバッシングが巻き起こることもあったかもしれませんが、ただ目立とうとか、意図的に仕掛けようという時もあるようですが、実際は巧妙に仕組まれた意図を感じる写真も多いんですね。


ユダヤ人ということで、戦中は苦労をしたようですが、そのバックボーンもたまに見せてくれる、そんな彼の生き様が見れるドキュメンタリーでした。
シャーロット・ランプリングも出てきますが。 若き日の彼女の写真が初々しく美しいですね。

 

f:id:anttiorb:20201217192828j:plain

f:id:anttiorb:20201217192831j:plain

f:id:anttiorb:20201217192834j:plain

f:id:anttiorb:20201217192838j:plain

f:id:anttiorb:20201217192841j:plain

f:id:anttiorb:20201217192846j:plain

f:id:anttiorb:20201217192848j:plain

f:id:anttiorb:20201217192851j:plain

f:id:anttiorb:20201217192855j:plain

f:id:anttiorb:20201217192900j:plain

f:id:anttiorb:20201217192940j:plain