anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

たまの映画

2010年作品、今泉力也監督、石川浩司 滝本晃司 知久寿焼 上田誠出演。


その独創的な音楽性とルックスで異彩を放った伝説のバンド“たま”の軌跡と現在を追ったドキュメンタリー。 監督・撮影・編集は「風雲」の今泉力哉。 1990年、バブル絶頂期。

アンダーグラウンドで活躍していたバンド“たま”は、当時バンドブームを巻き起こしたTV番組「三宅裕司いかすバンド天国」に出演、前衛的かつ天才的な楽曲と歌唱力でグランドイカ天キングとなる。 突然スターダムに押し上げられ、メジャーデビューシングル『さよなら人類』は大ヒットを記録。 取り巻く環境の全てが一瞬で劇的に変わった。 だが、時代にも環境にも媚を売らないマイペースな彼らは次第にテレビから姿を消した……。

そして2010年。メンバーの脱退、そして“たま”の解散、時は流れ音楽を取り巻く環境も大きく変化する中、“たま”の元メンバー、石川浩司滝本晃司知久寿焼はメディア露出よりも日々の生ライブに重点を置き活動を行っている。

インディーズ時代に所属した伝説的なレーベル「ナゴムレコード」主宰、ケラリーノ・サンドロヴィッチやレーベルメイトとして同じ時代を生きた大槻ケンヂヨーロッパ企画主宰・上田誠ワタナベイビー、そして石川浩司知久寿焼が参加するパスカルズなどと共に、自分の音楽を奏で続ける3人のミュージシャンをカメラが追いかける……。


今泉監督のドキュメンタリーは初めて見ました。
「たま」にスポットを当てたドキュメンタリーですが、たまの解散後、それぞれのソロ活動に視点を当てています。
三宅裕司いかすバンド天国”という番組があり、私はあまり見ていなかったんですが、当時は音楽ソフト販売店にいて、あまり邦楽に興味がなかった、勉強しない店員でした。 また通称「イカ天」のバンドが当時はほとんどインディーズバンドであり、通常のレコード店では取り扱ってなく、販売店では面倒な取り扱いでした。しかしその後メジャーレーベルで契約をするバンドが出てきて、逆にインディーズ時代のCDを取り扱う店舗も出てきました。
たまは、やはり「さよなら人類」がのちに大ヒットしますが、私もこの作品だけは知っていました。 しかし、今作では唯一先に脱退した柳原幼一郎の出演が叶わず、この曲自体が彼の作詞作曲だったので、使われませんでしたし、過去映像のシーンもありませんでした。
今作で長編デビューした今泉監督、もうドキュメンタリー作品は撮らないんでしょうね。


f:id:anttiorb:20200619204607j:plain

f:id:anttiorb:20200619204610j:plain

f:id:anttiorb:20200619204615j:plain

f:id:anttiorb:20200619204618j:plain

f:id:anttiorb:20200619204621j:plain