anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

容疑者、ホアキン・フェニックス

2010年作品、ケイシー・アフレック監督、ホアキン・フェニックス アントニー・ラングドン ケイリー・ペルロフ ラリー・マクヘイル出演。


映画界での輝かしいキャリアを捨て、新人ラッパーとして人生の再出発を決意した俳優、ホアキン・フェニックス。 観客のブーイングに逆ギレしたり、プロデューサーに詰め寄ったりと、その道のりは波瀾万丈だ。 カメラは彼の私生活にも密着。 華やかなセレブ人生の影に隠れた元映画スターの内面を浮き彫りにしていく…


10年前のホアキン、別人ですね。
監督はケイシー・アフレック、監督作品は多くありませんが、これが初監督作品ですね。
主演は題名通りホアキン・フェニックス、「ジョーカー」  https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/10/22/060000 でオスカーを受賞して、とうとう極めましたね。 DCのキャラですが、見事に演じ切り、ジョーカーになって行く、悲しい男を見せてくれました。


今作は、ホアキン・フェニックスが、突如俳優を引退して、ラップミュージシャンになると言い出すことから始まります。 それを妻の弟のケイシーが撮るという、ドキュメンタリー作品という形式で描かれています。
もちろん素人のラッパーですから、正直聞けたもんではないんですが、ラップはハートで歌う、叫びのようなものと言われ、何とかライブで披露するまでになって行きます。


しかしこの作品、フェイクではとずっと言われ続けており、もちろんこの後も、見事な演技を様々な作品で見せてくれています。
映画としては、フェイクというか、ちょっと一服のような感じですが、俳優として分岐点だったことは感じられますが。

 

f:id:anttiorb:20200523200041j:plain

俳優をやめる

 

f:id:anttiorb:20200523200048j:plain

そしてケイシーが撮り

 

f:id:anttiorb:20200523200102j:plain

なんと彼は

 

f:id:anttiorb:20200523200044j:plain

ラッパーになると言い出す

 

f:id:anttiorb:20200523200051j:plain

しかしど素人のホアキン

 

f:id:anttiorb:20200523200056j:plain

何とかライブを行うという方向に

 

f:id:anttiorb:20200523200110j:plain