anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コンフィデンシャル/共助

2017年作品、キム・ソンフン監督、ヒョンビン ユ・ヘジン キム・ジュヒョク イム・ユナ出演。

ピョンヤン近郊。 特殊部隊に所属するエリート刑事イム・チョルリョン(ヒョンビン)は、国内でアメリカドル紙幣の偽札を製造している組織を摘発するため、検閲員の部下を率いて任務にあたっていた。 チャ・ギソン隊長(キム・ジュヒョク)からは待機するよう命令があったが、彼は現場に突入する。 すると、謎の武装集団が偽札工場で働いている人々を殺害し、偽札の銅板を手に入れようとしていた。 殺戮を阻止しようと、チョルリョンが行動を起こすと、ギソンが現れ、チョルリョンたちを攻撃し始めた。
チョルリョンの妻ファリョン(シン・ヒョンビン)と仲間は殺され、チョルリョンも銃弾を受け、倒れてしまう。 ギソンはトドメを刺そうとするが、弾切れで、「運のいいやつだ。 お前を助けたのは俺の慈悲だ。忘れるな」と言い捨てると、銅板を盗みその場を去っていく。
チョルリョンは上層部からなぜ一人助かった? と拷問を受け、ギソンは中国の大連に向かい、そこから韓国・ソウルに飛んだと聞かされる。「生かしてくれたら、ギソンを殺しに南へ向かいます」とチョルリョンは訴える。 妻の仇を撃つ闘志で燃えていたチョルリョンだった。
偽札を作っていたことが他国に漏れると戦争に発展する恐れがあると案じた北朝鮮の上層部は、一週間後にソウルで開かれる北南長官級会談に乗じて、チョルリョンを施設団として派遣し、銅板を回収、ギソンを逮捕する計画を建てる。 捜査期間は三日間。
その頃、ソウルでは、カン・ジンテ(ユ・ヘジン)という刑事が容疑者を追い詰めていた。 しかし、逮捕まであとちょっとというところで娘カン・ヨナ(パク・ミナ)から電話が入り、そちらに気を取られたすきにあっけなく容疑者に逃げられてしまう。
3ヶ月の定職を言い渡されたジンテは、呑気なことにゆっくり寝坊しようと目論んでいたが、娘がアイフォンを買ってとねだるわ、義理の妹パク・ミニョン(イム・ユナ)が100万ウォン口座に入金してくれと強引に頼んでくるわで、おちおち眠っていられなかった。
そんな折、ピョ班長(イ・ヘヨン)に呼び出され、南北長官級会談が開かれる際に、脱北した犯罪者を北の警察が捕まえにやってくるから、南の代表として協力するようにと命令される。 南北共助捜査は史上初で、うまくいけば出世も昇給もありうると目論んだジンテは、任務を引き受け、チョルリョンを迎えに行く。
チョルリョンを見たジンテは思わず「チョーかっこいい!」と口走ってしまう。 挨拶を交わすと、ジンテはいきなり腰にさしたチョルリョンの銃を取り上げ、「銃器は南が管理する」と言い放つのだった。
そして、盗聴器を仕込んだアイフォンを渡そうとするが、チョルリョンはアイフォンは持っていると受け取りを拒否する。 ジンテはピョ班長から、これは極秘の仕事であること、捜査に協力するふりをして遠ざけるようにと命令されていた。 チョルリョンも、北朝鮮の上層部から偽札のことは一切南に話してはいけないと命じられていた・・・
 
南北もので、共同捜査のお話ですね。
監督はキム・ソンフン、新作派は見逃しました!悔しかった・・・
主演はヒョンビン、「ザ・ネゴシエーション」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/09/07/060000 を記事にしたいますね。
そしてユ・ヘジン、もう彼は常連ですね、日本公開作品では。「1987、ある闘いの真実」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15674730.html が近作の記事ですが、いっぱい記事にしています。
 
物語は、北朝鮮で、大事な偽札の銅板が盗まれたお話です。 チョルリョンは特殊部隊を率いて、その組織を摘発する役目でしたが、そこで別の組織が出現、そして妻を殺され彼も大怪我を追ってしまいます。 北は彼の責任を追及しますが、南に逃げた情報が入り、そこであるタイミングで南北の会談があるということでもう一回チャンスを与えます。
そして南側の刑事がジンテでした。 しかし彼は本当の目的を知らず、一緒に行動していくことになります。
 
今作は、南北の共同捜査、そして二人の刑事に芽生える友情を描いた作品ですね。 なかなか進展しない南北友好の進度、政治の駆け引きとなるとこう単純には行かないようですが。
 

f:id:anttiorb:20191104212057j:plain

共同で、行動することになった二人

 

f:id:anttiorb:20191104212104j:plain

しかしチョルリョンは単独行動に

 

f:id:anttiorb:20191104212112j:plain

姪は彼に惚れてしまう

 

f:id:anttiorb:20191104212123j:plain

そして情報源の男を問い詰めるが

 

f:id:anttiorb:20191104212138j:plain

この男が裏切った

 

f:id:anttiorb:20191104212130j:plain

そして追いつめるのだが

 

f:id:anttiorb:20191104212146j:plain