anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラビッド

1977年作品、デヴィッド・クローネンバーグ監督、マリリン・チェンバース フランク・ムーア ジョー・シルヴァー パトリシア・ゲイジ スーザ・ロマン出演。

ローズ(マリリン・チェンバース)と恋人のハート(フランク・ムーア)は、カナダの田園地帯をオートバイを飛ばし、スピード感を満喫していたが、予期せぬ不幸な交通事故に遇い、ハートは軽い骨折、ローズは腹部に重傷を負った。
近くの整形外科病院にかつぎこまれたローズは早速手術をうける。 新しい治療法を売り物にしている院長ケロイド(ハワード・リシュパン)は火傷したローズの腹部の皮膚の移植を行う際、『中性化処理』を施すことにした。
1カ月後、昏睡からさめたローズは通りかかった患者に裸身のまま抱きついた。 次の瞬間、その患者は激痛を感じる。 その後、ローズは農夫、若い女など次々に襲う。ローズを診察したケロイド医師は、ローズの左腋の下の異様なものに気がつく。
傷口のような亀裂がパックリと口をあけていて、その中の筋肉が動いているのだ。 ローズがケロイドに抱きついた瞬間、その亀裂から筋肉が突起し、ケロイドの体に突きささった。 移植手術の結果の異変で、ここから他人の血を吸いとるだけが唯一の栄養補給法という体になってしまったのだ。
ローズはひとまずモントリオールの女友達のミンディ(スーザン・ローマン)のアパートに世話になる。 同じころ、彼女に血を吸われた者達が次々に事件を起こしていた。TVは新種の狂犬病『ラビッド』の発生を告げた・・・
 
なかなか猟奇的な作品でしたね。
主演はマリリン・チェンバース、記事にした作品はないようです。
フランク・ムーアの作品も初めてですね。
 
物語は、不幸にも交通事故にあった二人、しかし担ぎこまれた病院が少し変わった病院でした。 ここでは画期的な新しい手術をするところでした。
長い昏睡状態から冷めた彼女は、恐ろしい存在になっていました。
 
今作は、奇才クローネンバーグらしい作品ですね。 ゾンビとは違い、吸血鬼ともちがいますが、狂犬病という表現がぴったりです。
 

f:id:anttiorb:20191102210931j:plain

事故に遭った二人

 

f:id:anttiorb:20191102210938j:plain

そして担ぎ込まれた病院で特殊な手術を

 

f:id:anttiorb:20191102211001j:plain

そして猟奇的な事件が

 

f:id:anttiorb:20191102210955j:plain

彼女の回りで起こり始める

 

f:id:anttiorb:20191102210949j:plain

そして犠牲者が

 

f:id:anttiorb:20191102211007j:plain

続出していく

 

f:id:anttiorb:20191102211015j:plain