anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カーマイン・ストリート・ギター

 
2018年作品、ロン・マン監督、リック・ケリー シンディ・ヒュレッジ ドロシー・ケリー ジム・ジャームッシュ出演。

グリニッジ・ヴィレッジに位置する “カーマイン・ストリート・ギター” は、パソコンも携帯も持たない寡黙なギター職人のリック・ケリー、パンキッシュな装いの見習いシンディ、そして店番などを請け負うリックの母親の3人で経営している。
世界中のギタリストを魅了するこの店だけのルールは、ニューヨークの建物の廃材を使ってギターを作ること。 チェルシー・ホテル、街で最古のバー、マクソリーズなど、長年愛されてきた街のシンボルの工事の知らせを聞きつけるたび、リックはヴィンテージ廃材を持ち帰り、傷も染みもそのままにギターへと形を変える。
ルー・リードボブ・ディランパティ・スミスら大御所が彼のギターを愛用し、ビル・フリゼール、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストンなど人気ギタリストたちが次々と来店する。
彼らがリックのギターを手にし、幸せそうに演奏する姿も収められている。さらに、ニューヨーク・カルチャーを牽引する映画監督、ジム・ジャームッシュも姿を現す。 足早に表情を変えゆくニューヨークと、変わらずにあり続けるギターショップの一週間を捉える。
 
これはギターを弾く人、弾いた事のある人、ミュージシャン、ギタリストは必見ですね。
監督はロン・マン、ドキュメンタリー作品専門の監督のようですが、ちょっとドラマ仕立てのところもありますね。
主役はリック・ケリーという代々続くギター職人のお話です。 父も祖父もギター職人だったようで、受け継いできたこの店は、ギタリストが集う店。 今作では、この店に
 
惹かれ、そして頼りにしているアーティストがやってきます。
そして映画のために1曲弾いてくれたり、この店を絶賛してくれたり。
この店は、彼と、年老いた母、そして若いブロンドの女性シンディの3人でやっています。 彼女はケリーに弟子入りして来ました。 もちろんギターを作ったことはなかったのですが、ギターが好きで、彼女の得意はギターを装飾すること。 文字だけでなく、絵も器用に書いていくんですね。 そして彼女も5年がたち、自分のギター作りに励んでいます。 そして、彼女のファンも少しずつできているようです。
でも、一番凄いなと思ったのは材料の古木へのこだわりでした。 これは大切なこと、古い建物が取り壊される時がチャンスなんですね。 日本のミュージシャンが出てこなかったのは残念ですが、誰かこの店の常連はいるんでしょうか?
 

f:id:anttiorb:20190827201447j:plain

3代目のギター職人のケリー

 

f:id:anttiorb:20190827201457j:plain

これが彼の店

 

f:id:anttiorb:20190827201505j:plain

弟子のシンディ

 

f:id:anttiorb:20190827201513j:plain

こだわりの廃材

 

f:id:anttiorb:20190827201526j:plain

いろんなギタリストがやってくる

 

f:id:anttiorb:20190827201534j:plain