anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウトロー(1976年)

1976年作品、クリント・イーストウッド監督・主演、チーフ・ダン・ジョージ ソンドラ・ロック ビル・マッキニー出演。

南北戦争も終わろうとしていた1860年代なかば。 ミズリーの丘を越えてやってきたカンサス・レッドレッグ(北軍秘密軍事組織)の一隊が、罪もない農夫ジョージーウェールズクリント・イーストウッド)の妻と息子を殺し、リーダーのテリル大尉(ビル・マッキニー)の剣で重傷を負ったジョージーを残して立ち去った。
幸い命をとりとめたジョージーは、復讐の一念から鋤を捨てて銃をにぎり、フレッチャー(ジョン・バーノン)率いる反逆者の一団に加わって、テリルを捜すうち、戦争は終わった。
ほどなく反逆者たちに対する恩赦が発令され、フレッチャーたちはそれに応じたが、実はこれはテリルの策略で、少年ジェイミー(サム・ボトムズ)を除いて全員が射殺された。 恩赦の仲間に加わらなかったジョージーは、傷ついたジェイミーを救って逃げ去った。
ただちにジョージー追撃の一隊が組まれ、命だけは助けられたフレッチャーも、しぶしぶそれに加わった。 その頃、ジョージーの努力の甲斐もなくジェイミーは死に、彼は1人、インディアンの土地に向かった。 途中で年老いたチェロッキー族のローン・ウェイティ(チーフ・ダン・ジョージ)、インディアンの少女リトル・ムーンライト(ジェラルディン・キームス)と知り合い、テキサスをめざして一緒に旅することになった。
やがてインディアンへの武器密売で稼いでいるならず者の群れコマンチェロスに、美しい娘ローラ・リー(ソンドラ・ロック)とその祖母サラ(ポーラ・トルーマン)が襲われているのを目撃し、救い出した。 行きがかり上、死んだ息子が残してくれた牧場に行くというサラとローラを連れて行くことになった・・・

西部劇は復讐劇。
監督、主演はクリント・イーストウッド、もちろん近作は 「運び屋」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15905272.html ですね。
途中復讐のターゲットを追う中、供にするのはチーフ・ダン・ジョージ、「ハリーとトント」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14221140.html に出演していましたね。
そしてソンドラ・ロック、「ブロンコ・ビリー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14187498.html を記事にしています。

物語は、いきなり北軍の一隊に襲われ、家族を皆殺しにされたジョージーのお話です。
惨いころされ方をした一家でした。 ジョージーは奇跡的に生き残り、もう彼は家族の復習の為に生きていく “鬼” になって行きます。
しかし北軍が勝ち、勢力の中、ジェイミーは反逆者集団に入りチャンスをうかがうことになっていきます。 そして腕を上げていくんですね。

今作は、ちょっと長いですが、じっくりと生き延びて、ターゲットを追いつめていく、途中仲間とも別れていきますが、成し遂げた後の達成感と、一抹の空しさ、両方感じられる作品ですね。

イメージ 1
家族を殺されたジョージー

イメージ 2
戦争が終わり個人的に復讐に

イメージ 3
追っ手をかわしながら

イメージ 4
途中彼女達を救う

イメージ 5
そして復讐を成し遂げる

イメージ 6