anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

凪待ち

2019年作品、白石和彌監督、香取慎吾 恒松祐里 西田尚美 吉澤健出演。

日々を無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻で人生をやり直す決意を固める。 だが、亜弓の娘・美波(恒松祐里)から亜弓との結婚について尋ねられても、仕事もせずにぶらぶらしている自分の境遇を考えると、結婚を言い出すことのできない郁男。
辿り着いた石巻には、末期がんに侵されながらも漁師として働く亜弓の父・勝美(吉澤健)が待っていた。 亜弓の実家で勝美や美波と一緒に暮らすことになった郁男は、近所の小野寺(リリー・フランキー)とも親しくなる。
仕事も見つかり、印刷会社で働き始めた郁男はある日、同僚に誘われ、競輪のノミ屋を訪れる。 自分は賭けをしなかったものの、同僚たちにアドバイスをしたことで、再び血が騒ぎ始める。
そんなある日、亜弓と喧嘩した美波が家を飛び出してしまう。 心配した亜弓と共に探しに出る郁男だったが、些細なことから口論になり、亜弓を車から下ろしてしまう。だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。
郁男と別れた後、何者かに殺害されたのだ。 亜弓の死に責任を感じる郁男。 さらに、会社でのトラブルに巻き込まれ、仕事もクビになってしまう。 次々と訪れる不幸に郁男は、“自分がいると、悪いことが舞い込んでくる” と自暴自棄になってゆく……

これはなかなか秀作ですね。
監督は白石和彌、「麻雀放浪記2020」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15934500.html が近作ですね。 監督作品はいつもキレキレですが、できには波がある感じがします。
恒松祐里は、「3D彼女 リアルガール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15689618.html 「散歩する侵略者」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15135212.html に出演していました。 注目の若手女優ですね。
そして西田尚美、「新聞記者」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15983870.html にも出演していました。

物語は、ひとりで娘を育てようとした亜弓と、川崎で同棲生活を送っていた郁男は、亜弓の娘の美波と三人で石巻にやってきます。 ここで生活をやり直したいという亜弓の考えで、彼女は店を開くんですが、本当は父と、美波の為、そしてここでは一から郁男も働き始めます。
生活を一新して、ギャンブルをやらないと誓った郁男でしたが、結局職場の仲間に、ノミ屋に連れて行かれ、気がついたら復活してしまいます。
そして、娘の事が気がかりの亜弓がある日娘と口げんかしてしまい、その日美波は飛び出して、連絡も入れなくなってしまいます。 心配した彼女は美波を探しに行きますが、途中合流した郁男とも言い合いになり、車から降ろされてしまいます。 これが亜弓との永遠の別れになってしまいますが。

今作は、香取慎吾のだめ男っぷりが、なかなか良いですね。 ギャンブルをする時の目の据わり方、彼の俳優としての転機になるようなクズ男の演技でしたね。 何度も何度も助けられ、そのたびに裏切ってしまう、ある意味ギャンブル中毒ですが、嫌な事があっても、嬉しい事があってもやっぱり辞められないんですね。 ただ嫌な事の時は決して勝てませんが。
ラストはけじめが付いたんでしょうか? それともまた落ちていくんでしょうか?

イメージ 1
地元に帰ってきた3人

イメージ 2
しかし喧嘩の後彼女は殺されてしまう

イメージ 4
そして自暴自棄になっていまい

イメージ 5
美波と勝美と別れようとするが

イメージ 6
ふたりは郁男を気に入っていた

イメージ 3
そして犯人が捕まる

イメージ 7