anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

心に吹く風

2017年作品、ユン・ソクホ監督、眞島秀和 真田麻垂美 鈴木仁 駒井蓮出演。

友人が暮らす北海道・富良野の郊外を訪れ、撮影を行なっていたビデオアーティストの日高リョウスケ(眞島秀和)は、車が故障し、電話を借りるために一軒の家に立ち寄る。
その玄関のドアを開けた先に立っていたのは、高校時代の恋人・春香(真田麻垂美)だった。 23年ぶりの再会。 彼女に家族がいることを知りつつ、撮影へ連れ出すリョウスケ。
リョウスケのお気に入りの小屋で、雨宿りをしながら話すうちに高校時代の気持ちを思い出していく春香。 静かな時間の中で縮まってゆく2人の距離。
翌々日には北海道を離れなければならないリョウスケは、もう1日だけ一緒に過ごしたいと春香に頼むが……

これはなかなかもどかしく、淡い夢のような恋愛作品でした。
監督はユン・ソクホ、「冬のソナタ」 の監督としてあまりにも有名ですが、作品を見るのは初めてです。
主演は眞島秀和、「蝶の眠り」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15524026.html に出演していました。
そして真田麻垂美、「月とキャベツ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14085678.html でデビューした彼女、ブランクからの復帰作ですね。

物語は、偶然から再会した二人の淡い恋物語ですね。 たまたま撮影で訪れた北海道の富良野、日高は車が故障してしまい、電話を駆りに行った時、そこにいたのは高校時代の恋人でした。
いきなりの再会、お互いなにか引っかかっていた心の棘が合ったようで、彼女を誘い、撮影に連れ出してしまうんですね。

今作はドロドロとした展開にはならず、なにか高校時代のままの二人がもどかしくもあり、清々しくもあるんですね。
男のほうがもっと行くのかな? そういう展開が思い浮かびますが、そうならなかったわけはラストにあるような気がしますが、彼女の空港での選択は物悲しいですね。

イメージ 1
再会した二人

イメージ 2
仕事につき合わすリョウスケ

イメージ 3
そして花を

イメージ 4
高校時代もこんなことを

イメージ 5
まだ愛し合っている二人はそれに気がつく

イメージ 6