anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

都市霊伝説 心霊工場

2010年作品、小沼雄一監督、大塚麻恵石原あつ美etc出演。
 
都市霊伝説シリーズの1作目。 このシリーズは今後見てみてもいいかなと思い1作目を視聴しました。
廃工場というのは今結構マニアの間ではひっそりとブームですよね。 自分も廃~というものに非常に興味があるので(いずれその辺もアップしたいんですが・・・)、そこと心霊を結び付ける設定に引かれました。
人物設定はホラー雑誌編集の出版社のメンバーたちと、ホラーサークルのメンバーたちの間で展開していきます。 廃工場の取材をまたすることになり、その担当に内田真紀(大塚)がなるのだが、過去にこの廃工場に行ったことがあるらしい。
その当時同僚がいたのだが、この同僚がその後行方不明となっている。 新しく入ってきた編集者の女の子がまたこの工場を取り上げようと企画したところから物語は始まる。
大塚はホラーサークルに連絡をしてこの廃工場でいいネタがあれば金を払うと言い、サークルメンバーは廃工場に向かう。 藤崎恵梨(石原)がサークルの部長なので、メンバーに押される形で廃工場に入ってしまうのだが、恵梨の姉の麗子(深月ユリア)に強く止めるよう言われる。 麗子は霊能力があり見えてしまうのだが、今回は始めから嫌な感じがするらしい。 部長である恵梨は少し迷っているが、やはり入って行ってしまうのだった。 それをこっそり後からハンディを回し撮っている真紀・・・一方出版社にあったUSB画像、ホラー監督から送られてきたビデオ、引出しから見つかった恨みの手紙。 この後廃工場で起こる恐怖の現象、といったお話でした。 もう少しフェイク気味の作品かなと思ったら、ちゃんとしたストーリーのホラーでした。石原あつ美はホラー初主演でしょうが、もう少しメンバーを減らして彼女をもっと多く出した方が良いのでは?と思い、少し登場人物が多すぎて散漫になっている感じがしますね。
ビデオを送って来るトヨカワ監督(ファンキー中村)の取材映像が実は一番怖かったです(笑い)。 2作目、3作目と続いているようなので、またの機会に見ようと思います。
 
イメージ 1
廃工場に行ってしまうサークルメンバー
 
イメージ 2
そして起こる現象
 
イメージ 3