anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハンターキラー 潜航せよ

2018年作品、ドノバン・マーシュ監督、ジェラルド・バトラー ゲイリー・オールドマン コモン リンダ・カーデリーニ出演。

ロシアのバレンツ海で米海軍原潜タンパ・ベイが消息不明になる。 統合参謀本部議長チャールズ・ドネガン大将(ゲイリー・オールドマン)の指示を受けた米国防総省のジョン・フィスク少将(コモン)は、ジョー・グラス艦長(ジェラルド・バトラー)率いる攻撃型原潜 “ハンターキラー” を捜索へ送り込む。 国家安全保障局のジェーン・ノーキスト(リンダ・カーデリーニ)は、コラ半島沖でタンパ・ベイが消えたと聞いて顔色を変える。 ロシア大統領がコラ半島に向かっているのだ。
ノーキストはフィスクに極秘で偵察部隊を派遣するように示唆され、ネイビーシールズのビーマン隊長(トビー・スティーヴンス)率いる4人の精鋭部隊を派遣する。
一方、コラ半島沖に着いたハンターキラーは、沈没したタンパ・ベイを発見する。 そのとき、隠れていたロシア原潜から攻撃が。 ハンターキラーはグラスの手腕で逆襲に成功し、敵を撃沈する。 ハンターキラーはすぐ近くに沈む別のロシア原潜を見つける。
シースキャンによると内部から爆発した痕跡がある。 エドワーズ副長(カーター・マッキンタイア)は米艦を沈めた連中だと反対するが、グラスは置き去りにされたアンドロポフ艦長(ミカエル・ニクヴィスト)を救出し、捕虜にする。
コラ半島に潜入したシールズがポリャルヌイ司令部周辺の映像を米国防総省のモニターへと送信していると、クーデターが勃発。 ロシア国防相ドゥーロフ(ミハイル・ゴア)がロシア大統領を秘密裏に拘束し、自分が代行することを軍部に伝え、核戦争も辞さない戦いを始めようとする。
米大統領のもと開かれた緊急会議で、空母艦隊を派遣し応戦するべきだと主張するドネガン。 大統領もやむなしと認めるが、フィスクが提案したシールズとハンターキラーによるロシア大統領救出作戦も許可する。 ロシア海域で敵艦隊と最新水中兵器が待ち受けるフィヨルドを潜航しなければならないハンターキラーは、アンドロポフを案内人にするという禁じ手を使うことに……

これは面白かったですね。 バトラー主演作はわかりやすくていいですね。
監督はドノバン・マーシュ、日本公開作品は初めての監督のようです。
トビー・スティーヴンス、記事にした作品は在りませんが、準主役の感じでしたね。

物語はロシアの近港で、アメリカの原潜が何者かに攻撃され消息不明となります。これは重大問題に発展する恐れがあり、ハンターキラーの出動となりますが、この苛酷な任務を指揮するのは、学歴の無い現場上がりのタフな人間、グラスが起用されます。
一方、陸上の偵察にも、ネイビーシールズが派遣されます。 最初は陸上からハンターキラーを助ける為でしたが、ロシアの不穏な動きがわかり、そして大きな任務に切り替えられます。

今作は、ラストがなかなか面白いんですね。 魚雷を食らったら、ほぼ最悪の状況になる海底での戦闘、何とか回避をしながら、真相を暴く深海のドラマがなんとも心地よく面白かったです。

イメージ 1
アメリカの原子力潜水艦が消えた

イメージ 2
ハンターキラーを派遣

イメージ 3
船長がグラス

イメージ 4
そしてネイビーシールズも派遣される

イメージ 5
そしてロシアの原潜の船長を救出

イメージ 6