anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ブラック・クランズマン

2018年作品、スパイク・リー監督、ジョン・デヴィッド・ワシントン アダム・ドライバー トファー・グレイス コーリー・ホーキンズ出演。

1979年のコロラド州コロラドスプリングズ。 ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は地元で初めての黒人警官に就任した。
ロンの最初の配属は記録保管室だったが、同僚の白人警官たちから嫌がらせを受ける日々が続いていた。 ロンは現場で働くことをブリッジス所長に要望するが、それは受け入れてもらえない。
そんな中、ある日ロンは黒人解放闘争を訴える政治組織、ブラックパンサー党が過激化しているかどうか調べるべくブリッジス所長(ロバート・ジョン・バーク)からの任命を受けて潜入することになる。
ロンはそこでコロラド・カレッジの黒人学生連合の代表である女性、パトリス(ローラ・ハリアー)と出会う。 党の集会ではストークリー・カーマイケルが熱心な演説を行い、また白人警官が黒人を殺している問題についても言及する。 ロンは彼の演説に黒人と白人間の闘争が過激化しないか心配になる。
集会の後、クラブでパトリスと会ったロン。 彼女と人種間、黒人と警察の問題について話し合うが、パトリスはここに来るまでの道、差別的な白人警官に意味なく疑いをかけられてきたのだった。 ロンは自分が警察官であることを彼女に打ち明けることはしなかった。
ブラックパンサーに潜入した後、ロンは新聞でとある広告を見つける。
それは白人至上主義団体 “クー・クラックス・クラン” のもの。 ロンは自分の名前を使いKKKに電話をかけ、人種差別主義者であると信じ込ませ、本部に今度出向くことにする。
ロンの代わりに彼の名前を用いて侵入することになったのはユダヤ人警官フリップ(アダム・ドライバー)だった・・・

これも辛い時代のお話ですね。
監督はスパイク・リー、「オールド・ボーイ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14803250.html を記事にしていますが、韓国作品のリメイクでした。
主演はジョン・デヴィッド・ワシントン、出演作を見るのは初めてのようです。

物語は、当時としては珍しい黒人警察官のお話です。 地元で初めて黒人警察官になったロンでしたが、内部の配属もつまらない環境で、露骨に差別を受ける毎日でした。 ロンは何とか現場で働くことを希望していましたが、そのためには率先していろんな場に繰出します。
まずはブラックパンサーに潜入捜査、そこでパトリスと出会います。 いつか暴発、衝突するのでは? そんな危惧をもちます。
さらに彼の仕掛けはKKKに対して電話をかけ、差別主義者を装い、接触を図りこちらも潜入しようとしますが、もちろん彼は出来ないので、フリップに行かせることになりますが、うっかり本名を名乗ってしまい、フリップがロンを語って実際に入会しようと支部に潜入していきます。

今作は、まだまだ差別の根深い時代、そしてKKKが一時の勢いこそありませんが、まだ活動を密かにやっているときでした。 そしてその幹部は、政局に打って出ようとしているんですね。
一方、黒人のほうも、抑圧された環境だはに、実力行使をしようとしています。
ロンが警察官になったのは、全うな秩序を作ろうとしたんですね。 警察内部にも差別主義者はいますが、ラストはちょっと不気味な終わり方、そう簡単には無くならない人間の根深い深層心理ですね。

イメージ 1
やっと現場に回ってきたロン

イメージ 2
パトリスと知り合い

イメージ 3
KKKに辺りをつける

イメージ 4
そしてフリップが潜入をする

イメージ 5
集会に顔を出し

イメージ 6
会員証も手にする

イメージ 7