anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

3年A組-今から皆さんは、人質です- その5

2019年作品、小室直子演出、菅田将暉 永野芽郁,萩原利久,秋田汐梨,若林薫,佐久本宝,富田望生,片寄涼太,川栄李奈,上白石萌歌出演。

第5話
一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。 そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。
様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。
しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」 と告げ、さらには 「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」 と他の生徒に訴える……。その真意とは?

この第5話で、第1部が終わります。 柊倒れる!この衝撃の事実を持って。
この第1部で、まずは悪者になったのが宇佐美香帆役のりっちゃん=川栄李奈でしたね。 もう女子高校生がそろそろつらくなってきています、正直なところ。 でもこれが最後の高校生役かもしれない鬼気迫る演技でした。 近作出演は、「九月の恋と出会うまで」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15900168.html となりますね。
さて、柊がなにか病を抱えている事がわかってきますが、意識を失いほど。 いままで生徒の反乱がいくつかあり、東部に怪我をしていますが、その影響ではない事がここでわかります。
そしていままで、殺されてしまったと思っていた生徒たちが、実は別室で生きていた事がわかります。 狂気の表情を見せる柊、しかしそれが演技だったのか? 謎を呼ぶ第1部が終わり、一瞬生徒達は、分裂の様相を見せて行き、そして外部との連絡がつくんですが。

イメージ 1
ここまで異様な授業をしていた柊が

イメージ 2
倒れてしまう

イメージ 3
意識を失っている間に

イメージ 4