anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

夕陽のガンマン


マンゴー(C・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意だ。 もう一人、大佐(L・V・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、冷静に計算してから仕事を片づける。
この二人お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(G・M・ポロンテ)と呼ばれる凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。 賞金は二万ドル。
マンゴーと大佐の出会いは、お互いの不信から決闘寸前にまでいったが、血を見ずに終り、共通の目的を果たすために手を結んだ。 もちろん賞金は山分け、ということで。
このときインディオは牢獄を脱走し、仲間と一緒にエル・パソの銀行を襲撃する計画を練っていた。 これを知った二人は、一人がインディオの仲間に潜入し、手引きをした末に彼を殺すことに決める。 そしてマンゴーが潜入する役を引きうけることになった。
銀行襲撃の日、インディオ一味に加わったマンゴーは内部から、大佐は外からインディオを倒す手はずを整えた。 ところが素早いインディオの動きのため、計画は失敗。 舞台はメキシコ領の小さな村に移された。
ここで略奪品に手を出したマンゴーと大佐は、インディオの手下に捕えられてしまった。 だが二人を助けて自分の手下を殺させ、その上で二人を殺そうというのがインディオの考えだった・・・

さて、ドル箱三部作の2作目ですね。
監督はセルジオ・レオーネですね。
もちろん主演はクリント・イーストウッドです。
そしてリー・ヴァン・クリーフが登場します。 「ニューヨーク1997」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11610165.html で警察の本部長役をしていました。

物語は、大佐がある街にやってきたシーンから始まります。 ならず者を追い出し、彼が逃げていくところを、じっくりと仕留めます。 凄腕の彼の目的は、この時点ではわかりません。
そしてもう一人マンゴーが登場します。 もちろん彼も凄腕のガンマン、いつか二人が遭遇すことになりますが、初対決は、お互い手探りのような感じでした。 しかし目的が一致して組むことになるんですが。
「荒野の用心棒」 と続いてはいませんが、一応3部作といわれていますし、この3作はだんだん長編になっていくんですね。

イメージ 1
大佐と呼ばれる男

イメージ 2
そしてマンゴー

イメージ 3
二人の目的はインディオ

イメージ 4
そして二人は手を組み

イメージ 5
潜入して一網打尽にする計画を立てるが

イメージ 6