anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

長い長い殺人


12月16日深夜。 綾瀬東警察署の刑事部長・響武史(長塚京三)は殺人事件の捜査をしていた。 被害者は35歳の会社員・森元隆一で、車で撥ねられ引きずられたあと頭を殴打されていた。 翌日、連絡の取れなかった妻・法子(伊藤裕子)が署に同行される。 法子は事件の夜、女友達の家に泊っていたと言う。 しかし犯人が誰かを尋ねもしない法子を、響は不審に思う。 その後、被害者に2億8千万円の生命保険がかけられていたことが判明、さらに法子は派手好きで知られ、愛人もいることがわかる。 響は第一発見者の幸恵(上原美佐)と再度面会する。
翌年4月15日。 11歳の少年・小宮雅樹は叔母・早苗(西田尚美)の結婚式に出席していた。 結婚相手の塚田和彦(谷原章介)は、ハンサムなレストラン経営者。 しかし早苗のことが大好きな雅樹は塚田のことが信用できず、結婚に反対していた。
そんな中、雅樹は式場のトイレで謎の女性から名刺を渡される。 塚田に渡すよう言われたその名刺には、「わたしは約束を忘れてないわ。 あなたを愛してる N」 と書いてあった。 雅樹はそれを手がかりに塚田の秘密を掴もうとする。
6月1日。 新婚の早苗が探偵・河野康平(仲村トオル)の事務所を訪れる。 早苗は謎の女から脅迫電話を受けており、塚田の行動にも不信感を抱いていた。 塚田の誘導で1億5千万円の生命保険に入っていた早苗は、自分は殺されるのではないかと打ち明ける。
河野は調査を開始し、塚田が過去に太田逸子という女と結婚していた事実を突き止める。 しかし逸子は轢き逃げで殺されていた。 そして逸子の葬式に現れた、当時の塚田の愛人をビデオで確認する。 それは保険金殺人容疑で連日テレビを賑わせている法子だった。
いずれの事件も塚田と法子にはアリバイがあり、決定的な証拠も出てこない。 当初、マスコミは2人を容疑者扱いで報道していたが、塚田の巧妙な語り口によって、次第にワイドショーのスターとして祭り上げていた。
そんな中、犯人を名乗る人物が河野に接触してくる・・・

これはWOWOWで製作され、TBSでショートバージョンが放映され、劇場公開もされたようですね。
監督は麻生学、記事にした作品は 「着信アリFinal」  https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/2048381.html ですが、いくつか他作品もあるようですね。
主演というか、多くの出演者が出てきますが、ナレーションは実は財布が話すんですね。 変わった趣向の話でした。
刑事として、最初と最後を締めるのが長塚京三ですね。 映画出演作としての近作は、「ぼくたちの家族」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13263159.html でした。

物語は、ある殺人事件が発端でした。 ひき逃げだけでなくとどめを刺された残忍な事件、しかしそれだけではなく、男に多額の保険金がかけられていたんですね。
さらに、別に事件が起き、その前に自分が殺されるのではという相談を受ける探偵。しかし彼の妻と子どもも殺されているんですね。
保険金にまつわる、夫と妻をそれぞれ殺された二人が結婚を、世間は保険金殺人だと騒ぎますが、しっかりアリバイがあるふたり。 この謎解きがこのお話の肝となります。
これも懐かしいお話ですが、財布が持ち主に対して語るというのが面白い設定でしたね。

イメージ 1
夫が殺され保険金を受け取った妻

イメージ 2
妻が死んで保険金を受け取った夫

イメージ 3
そして殺されると感じ探偵に助けを求める女性

イメージ 4
しかし探偵ははじめは躊躇してしまう

イメージ 5
そして事件を追う刑事

イメージ 6