anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カメラを止めるな!

2018年作品、上田慎一郎監督、濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ 長屋和彰出演。

ゾンビ映画撮影のため、山奥にある廃墟にやってきた自主映画のクルーたち。 監督は本物を求めてなかなかOKを出さず、ついに42テイクに至る。 と、本物のゾンビが現れ撮影隊に襲いかかった。
次々とクルーの面々はゾンビ化していくが、監督は撮影を中止するどころか嬉々として撮影を続行。 37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービーを撮った彼らとは……

いやー、やっと見れました。 K'sシネマでは毎日満員マークで、2度も入れず。 ようやく池袋のシネマロサで見れましたが、今回も満員マーク、時間の余裕を持ってチケットを買ったから何とかでした。
監督は上田慎一郎、長編作品は劇場用では初監督のようです。
主演は濱津隆之、監督役ですが、実は劇中映画でほぼ主演です。
そして、しゅはまはるみは劇中作品のメイク役でした。

物語はとにかく見て欲しいのですが、37分ワンテイク、ノーカットのゾンビ作品です。「ONE CUT OF THE DEAD」という海外タイトルも出てきますが、まずはそれが上映されます。 もちろんこれで終わりではありませんが。
うーん書けば書くほどネタバレになってしまうんで、これ以上はかけませんし、いつも各冒頭のあらすじも、転載したそのままです。
ただ一言いうと、この作品は三重構成になっていること。 そして大変な手間暇をかけていること、まあおいしいのは、上映後、その回に来れるキャストが来てくれて挨拶をしてくれる。 もちろん物販販売のCMもしていきますが(^^)
珍しくパンフレットを買った作品、サインもしてもらったし、キャスト、監督の撮影もOK。
週末から池袋では7回上映になるそうです。 さらにTOHOシネマズでの拡大上映が発表されています。 
ゾンビ作品が好きな人、こんなCSがあったら見たい人、そして映画作りの苦労を知りたい人、とにかく面白くてリピーターになってしまう作品です。

今回は画像の下のコメントは無しです(^^)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4