anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シン・ジョーズ

2016年作品、A・B・ストーン監督、レイチェル・ブルック・スミス ジェフ・フェイヒー デヴィッド・ファウスティーノ ボビー・カンポ出演。

アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ。 水上スキーをする女性・サラ(ジェイミー・ウォレス)は、真下の海に異変を感じた。 サメがいるが、その身体は赤黒く、背びれからは煙を発していた。 サメに狙われていると気付いたサラは、船を操縦する操縦士の男性・ロトガー(ジェフ・フェイヒー)に 「止まって」 と言うが、船のエンジン音でロトガーの耳には届かなかった。 サラはそのままサメに食い付かれ、絶命する。
ロトガーがあとでサラを探しに行くと、ライフセーバーと半身しか残っていない遺体が発見された。 しかも、サラの遺体は焦げていた。 赤黒いサメの背びれを見たロトガーは、船を操縦して必死で逃げた。
サンディエゴの海辺では、奇形の魚が大量に死に、波で岸辺に打ち寄せられていた。 政府はその異変に気づいていたが、防護服を着た者たちに回収させ、事実を隠蔽していた。
カプラン(ボビー・カンポ)はライフガードの仕事の若い男性だった。 しかし左足を負傷してギプスをはめており、ライフガードの仕事をまっとうできない身だった。 せいぜい、監視台で溺れている人がいないか見張りをするくらい。 溺れている女性を見つけたジーナ(レイチェル・ブルック・スミス)は、救助へ向かった。 カプランもドローンで救命胴衣を運ぶ。
その頃、ジーナの父・ロトガーは、コロラド島沖で見た 「赤く光るサメ」 の話をするが、保安官に相手にされない。 ロトガーの話に反応したのは、娘のジーナだけだった。 環境学を大学の専門としているジーナは、海で何か異変が起きていると感じる。
カプランたちは、海水浴の警戒を強めることにする。 ドローンで海を監視したところ、背びれが見えて海水浴客を避難させる。 しかしそれはイルカだった。 肩すかしを食らったジーナは客にそれを告げるが、いっぽうで海岸に打ち寄せる魚の死骸に、気味悪い思いを抱いていた。
その頃近くの別の海岸では、フライボードをする男2人のところに、赤黒く燃えるサメがやってくると、フライボードのパイプでできた輪っかを火くぐりして男を襲うのだった。
あの赤いサメはいったい?・・・

この題名は?(^^)本当に邦題のつけ方は全く・・・
監督はA・B・ストーン、「アナコンダ vs. 殺人クロコダイル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14952318.html を見ています。
主演はレイチェル・ブルック・スミス、他の出演作もあるようですが、初めて見る女優さんです。
そしてジェフ・フェイヒー、「ボディ・パーツ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14967366.html という奇抜な作品に主演しています。

お話はもちろん人を襲うサメが登場する話ですが、今回のサメは真っ赤に燃えているんですね。 そして人を襲うと襲われた人間は食われるか、接近され接触されると燃えてしまうんですね。
そう今回のサメは、強烈に被爆しているんですね。 まさに海中の “ゴジラ” ですね。 しかしどうして生きているのか? これは上手い設定ですが、海にいることで、体を冷却しているということらしいです。 ということは陸に上げると・・・
これはなかなか上手い設定だと思います。 しかしどうやって退治していくのか? 近づけないのでなかなか苦労しますが。

イメージ 1
上半身がなく焦げている死体

イメージ 2
浜に上がったなぞの死体

イメージ 3
真っ赤な背びれが

イメージ 4
海中に燃え盛るサメが

イメージ 5
そして対決!

イメージ 6