anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

刑事ジョン・ブック/目撃者

1985年作品、ピーター・ウィアー監督、ハリソン・フォード ケリー・マクギリス ジョセフ・ソマー ルーカス・ハース出演。

ペンシルヴァニア州の片田舎。 文明社会から離れ、厳格な規律に従って今なお17世紀の生活様式で暮らしている信徒一派アーミッシュ=アンマン派信徒の村で、ジェイコブ・ラップの葬儀が行なわれていた。
未亡人となった妻レイチェル(ケリー・マクギリス)と6歳の息子サミュエル(ルーカス・ハース)、そして父親のイーライ(ヤン・ロービッシュ)は、隣人達の助けで、なんとか農場での暮らしを続けることができた。
数カ月後、レイチェルは、サミュエルと共に妹の住むボルチモアに旅する決心をした。 レイチェルにほのかな慕情を抱くダニエル(アレクサンダー・ゴドノフ)らに見送られ、2人は汽車に乗り込んだ。 フィラデルフィア駅で乗り継ぎの列車を待つ間にトイレに入っ たサミュエルは、恐ろしい殺人事件を目撃した。
フィラデルフィア警察のジョン・ブック警部(ハリソン・フォード)と彼のパートナー、カーター(プレント・ジェニングス)は、サミュエルから事情を聞き出すため、彼ら母子を署に案内し容疑者の確認を求めた。
その夜はブックの妹イレーン(パティ・ルポーン)の家で明かしたレイチェルとサミュエル。 翌日、1枚の写真がサミュエルの目にとまった。 それは、麻薬事件の成績を賛えられた麻薬課長マクフィー(ダニー・グローヴァー)の新聞の切り抜き記事で、サミュエルは彼が犯人だとブックに告げた。
早速、そのことを警察副部長シェイファー(ジョセフ・ソマー)に伝えるブック。 警察本部から大量の麻薬が消えた事件にもマクフィーが関係していのでは ないかとも指摘した。
自分のアパートに戻ったブックは、マグナム銃を掲げたマクィーに急袈され負傷した。 シェイファーもマクフィーの仲間であることに気づいたブックは、傷つきながらイレーンの家に行き、サミュエルとレイチェルに出発の準備を促すとともに、カーターに連絡し、ファイルから親子の名をはずさせ、2人の悪徳警官に気をつけるよう忠告した・・・

有名な作品ですが、私は初見でした。
監督はピーター・ウィアー、「トゥルーマン・ショー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/4047119.html 、「モスキート・コースト」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14255551.html を見ていますが、なかなか味わいのある作品を撮る監督ですね。
主演はハリソン・フォード、「ブレードランナー 2049」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15210497.html が近作ですね。 今、「ハン・ソロ」 が公開されていますが、もちろん彼は出ていません。
そしてケリー・マクギリス、これが映画デビュー作ですね。 このあと話題作に多く出ていますが、近年はスクリーンからは遠ざかっているようです。

物語はある殺人事件が組織に巣食う厄介な展開になっていきます。 ジョン・ブックは傷を負いますが、隠れ家に使ったのはアーミッシュの地でした。 ここで潜伏し、生活をしていく中で、彼らの生活をだんだん理解していくブック、しかしここも安全な場所ではなくなってくるんですね。
懐かしいと言うか、ハリソン・フォードが本当に若い。
彼はスター・ウォーズだけでなく俳優として多くの作品に出続けて、いろんな色がついた成功者ですね。

イメージ 1
アーミッシュの親子が事件と遭遇する

イメージ 2
そしてジョンも襲われる

イメージ 3
そして親子と共に集落に

イメージ 4
ここでは隔絶された世界

イメージ 5
そしてジョンも彼らの生活を知っていく

イメージ 6