anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

バルタザールどこへ行く

1964年作品、ロベール・ブレッソン監督、アンヌ・ヴィアゼムスキー フランソワ・ラファルジュ ナタリー・ジョワィヨー フィリップ・アスラン出演。

ピレネーのある農場の息子ジャック(ヴァルテル・グレェン)と教師(フィリップ・アスラン)の娘マリー(アンヌ・ヴィアゼムスキー)は、ある日一匹の生れたばかりのロバを拾って来て、バルタザールと名付けた。 二人は可愛がっていたが、ジャックの妹が病死してしまったことから、ジャック家は農場を引き払い、引っ越していまい、バルタザールも売られてしまう。
それから十年の歳月が流れ、いまや牧場をまかされている教師とマリーのもとへ、バルタザールがやって来た。 売られた先で虐待を受けていたバルタザールは逃げて来たようだった。 久しぶりの再会に喜んだマリーは、その日からバルタザールに夢中になってしまった。 
これに嫉妬したパン屋の息子ジェラール(フランソワ・ラフアルジュ)を長とする不良グループは、ことあるごとに、バルタザールに残酷な仕打ちを加えるのだった。
その頃、マリーの父親と牧場王との間に訴訟問題がもち上り、十年ぶりにジャックが戻って来た。 しかし、マリーの心は、ジャックから離れていた。 訴訟はこ じれ、バルタザールはジェラールの家へ譲渡された。 バルタザールの身を案じて訪れて来たマリーは、ジェラールに誘惑されてしまった。
その現場をバルタザールはじっとみつめていた。
その日から、マリーは彼等の仲間に入り、バルタザールから遠のいて行ってしまった。 もめていた訴訟に、マリーの父親は、敗れたが、ジャックは問題の善処を約束、マリーに求婚した。 心動かされたマリーは、すぐにジェラールたちに話をつけに行ったが、仲間四人に暴行されてしまうのだった。
その日から、マリーの姿は村から消え、父親は落胆のあまり、死んでしまうのだった。 一方バルタザールは、ジェラールの密輸の手仕いをさせられていた・・・

バルタザールというロバの目から見た人間模様のお話ですね。
監督はロベール・ブレッソン、初めて作品を見ますが、独特なタッチでした。
主演はアンヌ・ヴィアゼムスキー、彼女はこれがデビュー作のようですね。 彼女も初めて見ました。
ジャック役でヴェルテル・グレン、ジェラール役でフランソワ・ラファルジュ、二人も初めてですが、今作以外でも出演歴は見当たりません。

物語は、幼いロバを拾ってきたところから始まります。 バルタザールと名付けられたそのロバは順調に育って行きますが、ジャックとマリーは家の都合で離ればなれとなり、マリーはバルタザールとも引き離されてしまいます。
しかし運命的な再会をするマリーとバルタザール、ジャックではなく、彼女の意中に存在はバルタザールなことがここでわかるんですが、彼女はバルタザールの近くにいつもいたい衝動に駆られるんですね。
しかしそうはいかないんですね。 マリーの美しさは周りは放ってはおかない、そして彼女もどんどん翻弄されていってしまいます。
お話は悲劇的な色合いを見せて行きますが、描き方としては淡々としています。 マリーとバルタザールが痛々しいんですが、だからと言って内面に入っていく描写や、泣き狂う描写が無いので、いっそう淡泊に感じられますが、バルタザールがじっと忍んで働かされているのが、何とも可愛そうな感じに見えてしまいます。
今なら動物虐待と言われそうな作品、当時ならではなのかもしれません。

イメージ 1
幼い頃のジャックとマリー

イメージ 2
いったんは離れ離れになったが

イメージ 3
再会するマリーとバルタザール

イメージ 4
離れたくなくなってしまうが

イメージ 5
しかし彼女の運命は波乱万丈だった

イメージ 6