anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

素敵なダイナマイトスキャンダル


末井昭柄本佑)は、幼いころは貧乏だった。 母・富子(尾野真千子)がいたが、彼女は結核で、入院をしていて、彼が7歳のころ退院をしても周りからは肺病持ちということで嫌われていた。
そして母の心はだんだん荒んでいき、とうとう近所の若い男・礼司(若葉竜也)と浮気をするようになってしまう。 それがばれて激しく父・重吉(村上淳)に折檻され、とうとう家を出てしまった。 親子3人で探したが見つからず、そしてある日、ダイナマイトで二人で心中をしてしまったのだった。 警察から呼び出された父は、現場検証で妻の着ていた着物を見せ本人確認を要請される。
高校を卒業すると、昭は工場で働き始める。 しかし軍隊式で上から押し付けられることを嫌った昭は、あっさりと辞めてしまう。 彼はデザインに興味があり夜間はデザイン学校に通っていた。
そして希望叶ってデザイン事務所に入ることができたが、ここでも彼の理想とはかけ離れていた。 しかしここで、今後生涯の友になる近松峯田和伸)と出会うのだった。 彼だけは昭の考えを理解して励ましてくれるが、彼もここに嫌気が刺しいち早く辞めてしまうのだった。
そして次に入ったのはキャバレーだった。 風俗産業が伸びている時代、彼はここで広告、看板、いやらしいセットなどを作る仕事をしていた。 窮屈なところもあったが、前よりは自己表現ができ、夜中に羽目を外すこともできて行った。
そしてその延長上で彼はとうとう天職と出会うことになる。
友人のカメラマンのツテで雑誌編集の仕事を始め、昭が携わる雑誌はスキャンダラスな内容で、ここで才能が開花するのだった。 そしてどんどん出世していき、実力が認められて編集長となるのだった。
しかし、ここから激しい警察とのわいせつでのやり取りが日常茶飯事なっていく。 て厳しい警告。 「お(ピー)が36箇所!」、猥褻文書図画販売容疑などで警察に呼ばれ、刑事の諸橋係長(松重豊)は、昭に呆れた顔で、「いい年した息子がこんな(ピー)な雑誌で食って」 母親が気の毒というか、恥ずかしいというが、彼にとっての母親はなかなか表現できない存在で顔をしかめるのだった…

もうこれは自叙伝ですね。「写真時代」という雑誌は確かにありましたが、今でも検索をすると、エロ雑誌で値がついているんでしょうかね?その編集長を初めて知りました。
監督は富永昌敬、前作は 「南瓜とマヨネーズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15248263.html でした。 今回はタッチが少し違う感じでした。
主演は柄本佑、近作は 「追憶」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14915140.html でしたね。 殺されてしまう役でしたが。
妻役で前田敦子、「探偵はBARにいる3」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15274685.html に出演、作品ごとに新しいあっちゃんが見えますが、ぶれないですね(^^)
母役で尾野真千子、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15160919.html が最近の出演です。

物語はフリーの編集者で、作家やサックス奏者でもある末井昭の伝記映画ですね。団塊の世代で、高度経済成長を生きてきた人物、私はあまりお世話になった世代ではありませんが(^^) 写真時代は、立ち読みくらいはしたかもしれませんね。 結構きついエロ雑誌だったんですね。
題名は、彼の母親の壮絶な死に方から来ています。 ダイナマイト心中、父は山での発破を掛ける仕事をしていた関係上、家にダイナマイトを置いていたんですね。 家を出た母は、心中の前の日の夜中、こっそりとそれを持ち出し爆死したんですね。母が帰ってきたのをおぼろげながら覚えていた昭ですが、それはもしかしたら夢だったのではとも思っています。
何か悪いことをすると、親御さんが心配をしている、親御さんが泣いている、と言われますが、彼にとってはまず泣くべき母親がいない、そしてトラウマ的に、母の死に方は人前でいう事を憚っていますが、何かの拍子に口に出してしまうと、彼の周りには、それを売りにしろとみんな言うんですね。
えげつない言い方ですが、親友となっていく近松は彼の気持ちをおもんばかるとともに、“凄い人” という表現をします。
この後、浮気、会社の経営悪化、まあある意味激動期の昭和の時代が描かれていきますが、時代はどんどん進んで行き、規制も、風潮も変わっていくんですね。
何かこういう時代があったんだなあ、という、良いような悪いような懐かしさを感じる作品でした。

イメージ 1
今日もわいせつ表現で呼ばれる昭

イメージ 2
彼は工場をやめデザインの会社に入りそこで近松と出会う

イメージ 4
妻になる牧子と出会うが父が付きまとう

イメージ 3
結婚をしだんだん仕事が順調になっていく

イメージ 6
エロ雑誌仲間と

イメージ 5
そして会社の若い女の子と浮気も始める

イメージ 7
そんな彼の母親はダイナマイト心中をしたのだった

イメージ 8