anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

2017年作品、マイケル・ショウォルター監督、クメイル・ナンジアニ ゾーイ・カザン レイ・ロマノ ホリー・ハンター出演。

駆け出しのコメディアン、クメイル(クメイル・ナンジアニ)はパキスタン出身。 両親からは弁護士になれと迫られているが、ウーバーの運転手をしながらシカゴのコメディクラブに出演している。 客ウケはそこそこ良いが、大爆笑とまではいかない。
厳格なイスラム教徒の両親は、クメイルの花嫁には同郷の娘しか認めようとせず、母は食事の時に偶然を装って、必ず花嫁候補の女性を呼んでくるのだった。 皆その芝居を理解しているが、クメイルにとってはなかなか困った時間だった。
ある夜、彼は、客席から女性の声で奇声が上がるのを聞く。 舞台を観に来ていた若い女性で、彼独特のユーモアで、奇声を上げるのはコメディアンに対して失礼だとやり返す。 彼女も怯まずやり取りになるが、その後のバーで二人は意気投合、そして一夜を共にする。
彼女はエミリー(ゾーイ・カザン)といい、心理学を学んでいる大学院生だった。 そして、今は誰とも付き合う気がしないと帰りの車でいうが、クメイルも、2日間ルールというわけのわからないルールがあると言い、同じ女性と2日間を超えては付き合わないとやり返すのだった。 しかし二人は、お互いに強く惹かれ合っていき、クメイルとエミリーは付き合いが始まっていくのだった。
しかし半年がたち、そろそろ お互いの親と会うのが普通と思っていたエミリーに対して、クメイルはごまかし始める。 そしてその時はじめてエミリーはバツ一だったことを彼に話すのだった。 クメイルの態度に不信を持ったエミリーが、小さな箱を開けると、そこにはたくさんの見合い写真があった。 そこで一気に二人の感情が爆発、二人の仲も終わってしまうのだった。
今後は、舞台の成功に賭けようとしていた矢先、エミリーの同級生から電話がかかってくる、エミリーが昏睡状態で入院している、病院に来て付き添ってもらえないかというだった。
あわてて駆け付けるクメイル、そこで病院はまだ来ない家族に代わって、彼に同意書のサインを求められる。 それは強制的に昏睡状態にさせる処置に対してだった。
翌朝、エミリーの両親も病院に到着するが、娘からすべてを聞いていた両親は、クメイルに冷たい態度をとる。 しかし、病状を聞き、危険な状態がわかると、自分たちの到着前に、サインをしてくれたことに両親は感謝の気持ちを見せ、特に父のテリー(レイ・ロマノ)はクメイルに対して気を使ってくれる。
しかし母のベス( ホリー・ハンター)のかたくなな態度に、気まずい雰囲気を感じたクメイルは耐えられず、「コメディ・フェスのオーディションがあるから行かなければ」 と嘘をつきその場を逃れようとする。 しかし父親のテリーは気分転換になるから自分も一緒に行くと言い、ベスを連れて、ライブに行くのだった。
仕方なくクメイルは、飛び入りで舞台に立つが、観客からは 「ISISへ帰れ!」 とひどく野次られてし まう。 すると母親のベスが立ち上がり、猛然と抗議を始めたのだった。
この出来事をきっかけに、3人は徐々に打ち解けていくのだが、エミリーの病状は一向に回復せず、それどころか、日に日に悪化していくのだった…

これは予告編を見て行きたかった作品、飄々としているクメイルが気になっていました。
監督はマイケル・ショウォルター、初めて作品を見る監督です。
主演はクメイル・ナンジアニ、彼も初めて見ますね。
そしてゾーイ・カザン、今作はちょっと大人びていますね。「ルビー・スパークス」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12431421.html 「ザ・モンスター」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14752011.html 
エミリーの父親役はレイ・ロマノ、声優としての参加も多いですね。
母役がホリー・ハンター、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14011774.html ではフィンチ議員を演じていました。

物語は、人種を超えて付き合い始めた二人でしたが、イスラムの形式、家の風習との板挟みになるクメイルと、それに怒ったエミリーの破局直後、彼女が重篤な状態になるんですね。 そこからは彼女の両親としばらく過ごすことになるクメイル、しかし両親はクメイルとエミリーの破局の話は全部知っているんですね。 特に母親の怒りは収まらず、早々に彼を遠ざけようとします。 母なら当然かもしれませんね。
しかし幸いなことに、父が彼に親近感を持っているんですね。 それは、父も母に対してある後ろめたい感情があるからだったことが後半わかってきますが。
イスラムの風習は厄介ですね。 恋愛結婚などしようものなら、イスラム社会から、家族から絶縁されてしまうんですね。 そして結婚はすべて見合いでしか認めない、ある意味楽かもしれませんが(^^)
クメイルはアメリカでの生活が長く、コメディアンとして身を立てたい夢があります。 もう心は変わってきていますが、唯一家族は大切なんですよね。
この見合いの相手は、みんな美しいんですよ。 特に最後彼がふってしまう相手は一番綺麗で、クメイルの母曰く、家に来てもらうのに苦労した一番人気の女性だという事です。 彼女は両親まで連れて来てしまいますからね。 でもここでエミリーがこういう状態なんで、観念する事はできませんよね?
感動作品なんですが、クメイルのキャラが、そういう感じにさせません。 でもラストが本当に爽やかでした。

イメージ 1
コメディアンのクメイル

イメージ 2
そして出会った二人

イメージ 3
そして付き合い始めるが

イメージ 4
しかしエミリーが病気となり彼女の両親と過ごすことになる

イメージ 5
一方彼の家族は見合い結婚を望んでいた

イメージ 6