anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

犬猿


地方都市の印刷会社で働く真面目で堅実なイケメンの金山和成(窪田正孝)は、友人の連帯保証人になった父親が作った借金をコツコツ返済しながら、老後のため月々わずかな貯金をしていた。 得意先を回った後、駐車場で因縁をつけられるが、運転していた男が彼のことを知っていた。 というより彼の兄のことを知っていた。 それを聞くと、二人は急に態度を変え、お詫びをして行ってしまう。
地味な日々を過ごす彼のアパートに、ある日、強盗の罪で捕まった兄・卓司(新井浩文)が出所し転がり込んでくる。 和成とは対照的に金遣いが荒く凶暴な兄で、早くも金をせびり、出所祝いでキャバクラに行く二人。
しかし早くもそこで大暴れをする卓司、彼を知らないボーイを血祭りに上げ、そこでの金を踏み倒してしまう。 そんな兄に反抗するなんてとんでもない和成だった。
彼の下請け先に、小さな印刷所があった。 そこの長女で社長の幾野由利亜(江上敬子)は、やり手でしっかり切り盛りをしていた。 父が倒れ、寝たきりで介護も彼女がしている。
和成はそこに頻繁に仕事を依頼し ていて、無理な納期も、安いコストも彼女のやりくりで成り立っていた。どんな無理も何とかしてくれる、そんな存在が由利亜だった。
由利亜には、妹がいた。 太っていて決して美人とは言えない容姿の彼女とは違い、会社の仕事と並行して、小さな事務所に所属して芸能活動もしているは妹・真子(筧美和子)は姉と正反対で顔やスタイルがよく、チャラチャラしている。 しかし、会社の仕事はできないし、家事も気が向かないとしない。
ただ、芸能の仕事も、売れっ子ではなく端役ばかりでなかなか軌道には乗っていなかった。 しかし、取引先の男性にも人気があり、彼女目当てで頻繁に顔を出す取引先の輩もいる。
由利亜は仕事もできないくせにチヤホヤされる妹を天敵のように見ており、真子もまた節制できずに太る姉のことを小馬鹿にしていた。
そんな中、卓司は、何か一発当てようと、もうかる仕事があると言いはじめる。 日本に輸入したら莫大に儲かると言われるものがあるという話に乗ろうと言いはじめるのだったが、和成はそんなうまい話は危ないと言い、信用は全くしていなかった。
しかしその胡散臭い仕事が当たり、卓司は急に羽振りが良くなっていくのだった。 和成の心に複雑な気持ちが芽生えはじめる・・・

評判がいいこの作品、犬猿は “けんえん” と読みます。 テアトル系での上映で、あまり多くない上映館です。
監督は吉田恵輔、前作は衝撃の作品、「ヒメアノ~ル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14181600.html でした。
主演は窪田正孝、「東京喰種 トーキョーグール」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15064535.html では熱演でしたね。
そして新井浩文、もう彼は売れっ子で、近作は 「斉木楠雄のΨ難」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15208932.html となりますが、「葛城事件」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14326725.html の長男役が彼らしい役でした。
姉妹の姉役で江上敬子、ニッチェというコンビのお笑い芸人ですが、女優としてのスキルの高さを見せてくれています。

物語は、兄弟と姉妹の似たような関係を描いた作品です。 暴力的で家族に迷惑をかけっぱなしの兄と、地味でコツコツ方の弟、一方会社を切り盛りし、家事も介護もこなす有能なんですが、太っていて容姿に恵まれない姉と、美人でスタイルも良く、芸能の仕事もしているけど、家事も仕事もできない妹。
まあ遅かれ早かれ、何かが起きると亀裂が入りそうに傍から見ると思いますよね。そのきっかけは、卓司と和成サイドは、卓司の成功でした。 家の借金も返し、豪華なマッサージ器を買ったり、外車を買ったり、和成にもエコカーを買ったり、とにかく羽振りのよさを誇示する卓司にイラつく和成。 これがのちの伏線になって行きますが、姉妹の方もあることから大きな亀裂が入ります。
それは、和成と真子が付き合い始めるんですね。 その直前に、無理な注文にこたえてくれた由利亜を遊園地に一日付き合った和成の行動があるんですね。 和成は無理な発注に応えてくれたことに対するお礼の接待のような感じなんですが、由利亜は舞い上がってしまうんですね。 こっちもバトル開始の雰囲気です。
しかしこの作品を観て、兄弟の複雑さを感じますね。 私は一人っ子なんで、こういうもんかな? と想像するほかありませんが、憎み合っているようで、どこか心配している。 他人から貶されると、急に弁護し始める、ここが他人、友達とは違うんでしょうね。
さらに同性の肉親だと治されある意味ライバル心、比較対象でお互いを見てしまうんでしょうね。
ハッピーエンドかと思いきや、ラストも兄弟ってこうなのか! と思わせてくれます。

イメージ 1
事あるごとに反発する姉妹

イメージ 2
出所してきた兄を抱える弟

イメージ 3
和成は由利亜の会社に甘えていた

イメージ 4
しかし和成は真子と付き合い始める

イメージ 5
そして4人で会う機会ができる

イメージ 6