anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

gifted/ギフテッド

2017年作品、マーク・ウェブ監督、クリス・エヴァンス マッケナ・グレイス ジェニー・スレイト リンゼイ・ダンカン出演。

フロリダ州の小さな町。 7歳になるメアリー・アドラー(マッケナ・グレイス)は叔父のフランク(クリス・エヴァンス)と一緒に暮らしていた。 メアリーの親友は近所に住む40代の女性、ロベルタ(オクタヴィア・スペンサー)であった。
この日は、学校初日、メアリーは自宅学習が言いと駄々をこねるが、約束したからにはスクールバスに乗せる。フランクは彼女のためと思い学校に行かせることを決めるが、ロベルタは大反対で、絶対後で後悔するとまで言うのだった。
メアリーはやる気のない態度で授業を受けていて、算数の授業でとうとうあることを起こしてしまう。 実は彼女は、驚くべき数学の才能を持っていた。 ボニー・スティーヴンソン先生(ジェニー・スレイト)はただただ彼女の才能に驚嘆し、この学校ではよくないのではと迎えに来たフランクに進言するが、フランクは普通の学校に入れたかったと言う。
ある日、スクルーバスで、見事な動物園の模型を作った同級生が上級生に苛められていた。 工作を壊された同級生を見かねて、メアリーは上級生をぶちのめしてしまう。
すぐにフランクが呼ばれ、デイヴィス校長はメアリーの優秀さを知っており、メアリーの元にギフテッド向けの私立学校に入学するための奨学金が取れると言う。 しかし、フランクはそのオファーを断った。
かつて、フランクの姉(ダイアン)も天才数学者として将来を嘱望されていたが、ある日自ら命を絶ってしまった。 その苦い経験から、フランクはメアリーを普通の女の子として育てる決心を固めていたのである。
しかし、帰って来ると家の前に一人の女性が立っていた。 彼女はメアリーの祖母であるイヴリンで、孫をマサチューセッツ州 に連れて行こうとしたのである。 イヴリンは 「メアリーはダイアンがそうであったように、10億人に1人の天才だ。 数学に生涯を捧げてもらうためには、最高の教育を受けさせねばならない。」 と考えていたのである。
それに対し、フランクは 「姉さんはメアリーに普通の小学校で学んでもらいたいと願っていた。姉さんが経験できなかった普通の子供としての生活をメアリーには送ってもらいたい。」 と主張する。
フランクとイヴリンの対立はついに法廷に持ち込まれることとなっってしまう・・・

そしてやはりマッケナ・グレイスですよね。 可愛いだけでなく、いろんな顔を見せてくれる11歳、小柄なので7歳役でしたが、撮ったときは近い歳だったかもしれませんね。
物語は、一人の天才少女をめぐる親権争いのお話ですね。 フランクのところにある日突然赤ん坊を連れて現れた姉。 娘を託して彼女は自殺をしてしまいます。
あまり多くを語ろうとしないフランクですが、メアリーの担任のボニーには彼女のことを語りますが、実はこれはほんの一部、もっといろんなことを彼が背負っていることが後半わかります。
実の母と息子が、孫と姪の親権を争うのはなんともやり切れません。 裁判官が、この裁判を開始する前に廊下で話し合って結論は出ないのか?と問うシーンがリアルでしたが、血が繋がっているからこそ、争うという心情もあるんでしょうね。
メアリーの本当の幸せは何なのか? その心が強いほうに水は流れると思いますが。
イメージ 5
二人の暮らし

イメージ 1
学校に行くのを渋るメアリー

イメージ 2
そして教師を驚かすメアリー

イメージ 3
隣に住むロベルタが友達

イメージ 4
そして祖母のイヴリンが現れる

イメージ 6