anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

GODZILLA 怪獣惑星

2017年作品、静野孔文瀬下寛之監督、声の出演:宮野真守 櫻井孝宏 花澤香菜 杉田智和

20世紀末、人類は地球上に出現した巨大生物 「怪獣」 の脅威に晒されるようになった。 なかでもほかの怪獣を駆逐する力をもった 「ゴジラ」 と呼ばれる存在の暴威は凄まじく、半世紀に渡り敗走を重ねた人類に、人類の危機を見ていた異性人「エクシフ」と「ビルサルド」もゴジラ討伐に参加するも、ゴジラの圧倒的な力に成すすべはなかった。
人類は種全体の存続を図り、一部の人間を他星に移住させる計画を立案する。 2048年にコンピュータによって選抜された一部の人間と、同盟を結んでいた異星種を乗せ、恒星間移民船 「アラトラム号」 は11.9光年彼方に存在する惑星 「くじら座タウ星e を目指して旅立った。
しかし、20年後に到着した惑星は人類が生存するには適さない環境であることが判明する。 しかしそれでも移住したい人間を募り、移住させようとする船内の首脳部に、ハルオ・サカキ(声:宮野真守)は反乱を起こし、事実上食糧難の間引きだと抗議をする。
しかし年老いた人間がこのまま宇宙船で死にたくないといい、彼らは劣悪な惑星に降下していく。 その時、移住戦は爆発し、移住予定の人間は全滅してしまう。 ハルオが仕掛けた爆薬の残りだとされ、彼は逮捕、幽閉されてしまった。
移住計画は事実上失敗に終り、船内での生活も限界に近づきつつある中、エクシフ人のメフィエス櫻井孝宏)は、同属だけでなく人間にも人望が厚く、ハルオの理解者で、彼のとのコンタクトを極秘で行っていた。
ハルオは、4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。 移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした 「地球帰還派」 が今は主流となっていたと同時に、食糧も尽きいったん地球に戻ることが急務となってきていた。
地球時間で数千年たっている計算もあり、もしかしたらゴジラをはじめとする怪獣たちも絶滅しているかもしれない、そんな期待もあり、危険な長距離亜空間航行で地球を目指すことになる。
だが、帰還した地球では既に2万年もの時間が経過。 地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界と化していた。 再び撤退か、それともゴジラと戦うのか? 実はゴジラとの戦いの戦略があったのだった・・・

とうとうアニメとなりましたね(^^)
監督は二人、静野孔文作品ははじめて見ますね。 そして瀬下寛之、彼はいろんな作品でCG、VFXの担当をしています。
声の出演では宮野真守、アニメ版 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15103944.html 安曇祐介役を。 「亜人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13689683.html では主人公の永井圭役をあてていますね。
ゴジラがアニメになってどうなのか? まずは見てみないとということで行ってきました。 まず設定は、もちろんリセットをしていますね。 20世紀の終わりに現れた、人類の力の及ばない存在=怪獣が大挙して現れた世界、そしてその頂点に君臨し始めたのが無敵のゴジラという圧倒的な存在という設定ですね。
他の怪獣は淘汰されてしまったようで、淘汰される運命は人間も同じという感じ。 そこで人類は、異性人種と一緒に、地球を捨て他の住める環境の星を目指すんですが。
しかしそんな星がすぐに見つかるわけがない、そして疲弊した人類は地球への回帰を選択するんですが。 しかしそこにはやはりゴジラが、そして同種の小さい怪獣も蔓延っていました。
どうやらこれは3部作になるようですね。 次作は来年の5月、今作を見たときの思った疑問の一部が明かされるようですね。 1作目を見ると見ざるをえないつくりになっています。

イメージ 1
地球帰還派のハルオ

イメージ 2
そして宇宙での生活も限界を感じ

イメージ 3
メフィエスの提案もあり地球へ

イメージ 4
戻ってきた

イメージ 6
まずは探査を

イメージ 5
各方面を調査

イメージ 7
しかしあいつはまだいた

イメージ 8