anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ジャッキー・ブラウン


ロサンゼルス。 ジャッキー・ブラウンパム・グリア)はメキシコの航空会社に勤めるスチュワーデス。 安月給で苦しい生活のため、裏で武器密売人オデール・ロビー(サミュエル・L・ジャクソン)の隠し金の運び屋をつとめていた。
オデールは刑務所を出たばかりで少しボケ気味の相棒ルイス・ガーラ(ロバート・デ・ニーロ)を連れて、保釈金融業者のマックス・チェリー(ロバート・フォースター)の元へ赴く。
逮捕された配下のボーマンの保釈のためだったが、オデールは保釈されたボーマン(クリス・タッカー)の口を自ら封じ、ルイスに服従を誓わせた。 その一方でオデールは愛人でトウが立ったサーファーガールのメラニーブリジット・フォンダ)をルイスにあてがい、 篭絡しようとする。
しかし、ジャッキーは空港で連邦保安官レイ・ニコレットマイケル・キートン)とマーク・ダーガスに逮捕されてしまう。 彼らの狙いはオデールの逮捕。 レイは協力すれば違法金持ち込みは見逃すとジャッキーに取引を持ちかける。
ジャッキーの逮捕を知ったオデールは、再びマックスをたずね、ボーマンのために用意した1万ドルでジャッキーの保釈を依頼。 ジャッキーを迎えに行ったマックスは、彼女をひと目見るなり年甲斐もなく恋してしまう。
一方、ジャッキーを脅して黙秘を通させるため彼女のアパートをオデールが訪問。 ところがジャッキーは、マックスから勝手に拝借してきた銃をつきつけて逆に取引を迫る。 ジャッキーは思案のあげく、オデールを逮捕させるだけでなく、彼の金を手中に収めようと決意したのだ。
ジャッキーはオデールに捜査官を出し抜いて隠し金を運ぶ算段を立てさせ、捜査官のレイともうまく交渉を運ぶのだった・・・

クエンティン・タランティーノ監督作品はこれですべて鑑賞しました。 いずれ、「キル・ビル」 を再鑑賞して記事を上げればコンプリートです(^^) まあ新作も期待していますが。
主演はパム・グリア、「コフィー」 で主演をしていますが、それから24年、今作ではちょっと貫禄のある姉御になっている感じですね。
タランティーノ監督の常連といっても良いサミュエル・L・ジャクソンが出演していますが、今作でもやはり癖の強い役をしています。
彼の新作は 「キングコング: 髑髏島の巨神」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14825794.html ですね、今の所。
物語はジャッキー・ブラウンが起こす一攫千金のお話ですね。 彼女を利用しているのが武器商人のオデールですが、彼女は運悪くつかまってしまうんですね。 そして今度は警察が彼女を利用しようと誘いをかけてくる。
もちろんオデールも彼女を手放す気はありません、そこにルイス、メラニーたちが絡んでくるという群像劇ですね。 今作もタランティーノらしくたっぷりと2時間半見せてくれますね。

イメージ 1
オデールはジャッキーを上手く使っていた

イメージ 3
そしてルイスを手なずけ

イメージ 2
メラニーをつけている

イメージ 4
しかしジャッキーは捕まり警察の手に

イメージ 5
そこで彼女は両方を出し抜きにかかる

イメージ 6