anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クリエイター

1985年作品、イヴァン・パッセル=アイヴァン・パサー監督、ピーター・オトゥールマリエル・ヘミングウェイ、デイヴィッド・オグデン・スティアーズ、ヴィンセント・スパーノ出演。

ノーベル賞受賞科学者ハリー博士(ピーター・オトゥール)は、優秀さは誰もが認める科学者だったが、いまだに亡き妻・ルーシー(カレン・コピンズ)のことを忘れることができない。 そこで、自宅裏の秘密研究所で、亡妻の細胞を培養し、彼女を蘇らせようとしていた。 しかし実験は成功することはいまだなかった。
ハリーは、バイト学生ボリス(ヴィンセント・スパーノ)を口説き助手をさせることにした。 彼は教授に取り入り、お気に入り生徒になり、この実験の手伝いをすることになる。
しかし一向に実験が成果を見せない事で、実験に必要な若い女性の卵子を提供してもらう事にする。 その被験者となったのが、メリ(マリエル・ヘミングウェイ)だった。
そして彼女は年齢の差を越えて、だんだんハリー教授を愛するようになっていってしまう。
一方、ハリーのライヴァルのシド博士(デイヴィッド・オグデン・スティアーズ)は、ハリーの行動に不審をいだき、身辺調査を開始する。 そしてとうとう密かにやっている実験に気が付いてしまうのだった。 大学の予算を私的な実験で費やしていると告発するシド、結果、ハリーは大学を追われることになってしまうのだった。
一方ボリス(ヴィンセント・スパーノ)は、恋に落ちていた。 バーバラ(ヴァージニア・マドセン)という女性で、彼女の両親にも紹介され、二人の仲はどんどん進んでいく。そしてとうとう婚約をすることになる。
しかしバーバラに悲劇が起きてしまう。 事故で植物人間となるバーバラだった。 悲しみに暮れるボリス、しかし彼にはどうしてもバーバラの意識がないとは思えなかった。 しかしシドは、彼女が意識を戻すすべがないと言い、両親の了解を得て、生命維持の装置を外すことを承諾させるのだったが…

監督はアイヴァン・パサー、イヴァン・パッセルと表記されてもいますね。 チェコ出身の監督ですが、今はアメリカに亡命していますね。 手がけた作品の中ではちょっとやわらかいSFロマンスという感じですね。初鑑賞です。
主演はピーター・オトゥール、多くの名作に出演していますが、私は見なければという作品ばかりですね。 その恋人役でマリエル・ヘミングウェイが出演、有名なアーネスト・ヘミングウェイの孫娘。 彼女も多くの作品に出演していますが、私が記事にしたのは 「ゾンビ・アルカトラズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13110554.html でした(^^)
物語は亡き妻の再生のため、クローンでの再生を必死に目指す教授のお話。 ノーベル賞を取ったまでのハリー教授ですが、なかなかことは上手く成就しないんですね。 そしてそれを極秘で行っていたんですね。
そしてその研究の手伝いをしていたのだボリスなんですね。 彼にとってみれば、教授に取り入ることでメリットがあると思ったという事でした。
しかし自体は彼の恋人の事故で急展開、教授の方も秘密の研究がばれてしまい、今まで借りていた建屋が使用できなくなり、研究も中断させられてしまうんですね。
ハリーの研究、そしてバーバラの命がどうなるか? 物語はだんだんと恋愛作品に転じていくんですね。
一応クローン研究という事でSFという範疇になるのかもしれませんが、そう簡単にクローンは難しいということがわかる作品でした。

イメージ 1
優秀な科学者のハリー

イメージ 2
彼は私的にある実験をしていた

イメージ 3
その助手に雇ったボリス

イメージ 4
そしてメリにも参加してもらう

イメージ 5
しかしある事故が起きてしまう

イメージ 6