anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

俺たちサボテン・アミーゴ

2012年作品、マット・ピードモント監督、ウィル・フェレル主演。

故郷のメキシコの家へと帰宅するアルマンドウィル・フェレル)は、道中仲間のエステバン(エフレン・ラミレッツ)、マヌエル(エイドリアン・マルティネス)と共に麻薬の密売人オンザ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の殺人現場を目撃する。
オンザが殺した後は弟のラウル(ディエゴ・ルナ)が帰ってくるとし気持ちを切り替えその場を去る。
アルマンドはアルヴァレス家の豪邸へと到着し、父のミゲル(ペドロ・アルメンダリス・Jr)に会う。 父と話し合いの途中、ラウルが帰郷し、亡き母を除き家族勢揃いとなる。
そこでラウルは連れてきていた婚約者のソニア(ジェネシス・ロドリゲス)を招き入れる。 ラウルはソニアとの結婚の承諾をミゲルに頼み、ミゲルはあっさり承諾する。 そして、ソニアを見たアルマンドは彼女の美貌に惹かれていく。
次第に二人きりになるチャンスが到来しアルマンドは彼女と乗馬し秘密の池へと到着する。 そこで自身の悲惨な過去を打ち明ける。
しばらく 話した後銃声が聞こえ、聞こえた方に向かい道中で倒れている中年男性に遭遇する。 そこで彼を助けようとするソニアだが、もう死ぬからと全く何も対応せずアルマンドは冷たくあしらう。
その男性は自身の車のトランクの中身の物を持って行けと要求し、アルマンドはトランクをあけ麻薬を発見する。 そこでその男性がヤクの売人であった事とソニアの事を知っていた事が判明する。
やがてその男性は死に、アルマンドの態度にソニアはキレ、口論になる。 そしてソニアからラウルのある秘密をアルマンドは聞かされるのだった…

いかにもコメディタッチの邦題が付けられていますが、確かにところどころそういうタッチが垣間見れるウエスタンコメディというおところでしょうか? ただ全編に流れる感じは、以外にエグクて残酷描写もあるんですがね。
監督はマット・ピードモント、“ビエモント” という表記もあるようですが、作品はこれ以外見つかりません。 
主演はウィル・フェレル、まあ彼が主演なんでこの “俺たち” という邦題になったんでしょうね。 私が見た中では 「俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14334464.html がありますが、これは面白かった。 それに比べると、西部劇が苦手な私にはちょっときつかったです。
ただヒロイン役でジェネシス・ロドリゲスが出ていましたね。 アンジェラ役で出演した「崖っぷちの男」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12572874.html そして 「コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15017663.html にもちらっと出演、全く気が付きませんでしたが(^^)
さて物語は、メキシコを巡る麻薬取引の主導権争いのお話、危険が伴いますが、上手くやれば莫大に金がもうかる危ない商売に、兄弟のラウルが帰ってきてオンザからその仕事を奪おうとするお話。
しかし先に仕掛けたのはオンザの方で、一旦はアルマンドも撃たれてしまうんですね。 そしてここがコメディ色強いシーンになって行きますが、私はこういうのは苦手でした。
他の「俺たち」シリーズを見てみます。

イメージ 1
3人の固い絆

イメージ 2
家族会議が開かれ

イメージ 3
弟・ラウルの婚約者ソニアが現れる

イメージ 4
このあたりを仕切るオンザ

イメージ 5
ラウルと一緒に戦いとなっていく

イメージ 6