anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

東京喰種 トーキョーグール

2017年作品、萩原健太郎監督、窪田正孝主演。

人の姿をしながらも、水とコーヒー以外で摂取できるのは人体のみという正体不明の怪人 “喰種(グール)” が人間と同じように暮らしている東京。 
ごく普通の内気な大学生の金木研(窪田正孝)は、大学の友人の永近英良=ヒデと、喫茶店で待ち合わせをしている時にもひとり本を読んでいた。 この喫茶店にいつも来るのは、お目当ての憧れの女性が来るからだった。 神代利世(蒼井優)といい、ひょんなことから彼女も彼が読んでいる作家が好きなことがわかり、声をかけるきっかけとなり、やっと初デートにこぎつけることができた。
茶店で待ち合わせをして、金木の話はその作家の話ばかりだった。 不思議なことに彼女は、ちょっと食べ過ぎていると言って、頼んだサンドイッチに手を付けない。その日の帰り際、彼女の方から手を組んできて、金木の肩に手をまわしてくる。 思わぬ展開にドキドキする金木だったが、そこで利世は本性をむき出しにしてくる。 
そう彼女は喰種=グールだったのだ。 貪欲に金木を食おうとする利世、しかし間一髪のところで上から鉄骨が落下、利世はその下敷きとなり死んでしまう。
瀕死の重傷を負った金木だったが、気が付くとベッドの上にいた。 嘉納総合病院の医師の嘉納明博(岩松了)は、金木に対して 「すべて上手く行った」 と謎の言葉を残す。
退院し、大学に復帰した金木にヒデは全快祝いという事でファミレスで食事をおごってくれる。 しかし金木は一口も食べられず、口に含んだものを戻してしまう。 
家にあった食料を無理やり口に入れても、すべて吐いてしまう金木、何か食べれるものを探しに向かった時、不意に食べれる者の匂いを感じ、その方向に歩いて行くと、そこには1匹の喰種がいた。 そして 「縄張りを犯す奴は許さない」 と言って襲い掛かってくるが、彼は一人の女性に救われる。
彼女は以前から通い詰めていた喫茶店あんていくのアルバイトの女子高生・トーカ(清水富美加)で、彼女も喰種だった。 金木が受けた治療は、死んだ喰種:利世の臓器を移植したのだった。 そして金木は半喰種となってしまったのだ った。
自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、必死に人肉を食うのをためらうのだが、飢えには勝てずどんどん我を失っていくのだった。 そしてとうとうこの前の喰種・ニシキ(白石隼也)と戦闘になってしまい、喰種として覚醒をしてしまう。
しかし制御が効かず、一緒にいた英を食おうとしたところで、またもトーカたちに助けられるのだった。 そして大学に戻ることのできなくなった金木は “あんていく” で働き始めることになる。
そして今まで気が付かなかったが、あんていくは喰種が集まる店だったのだった…

これは私の好みの作品ですね。 アニメ版もしっかり見て行こうかと思うほどのお話でした。
この実写版の監督は萩原健太郎、長編初監督となりました。 主演は窪田正孝、今までいろんな作品に出演してきていますが、大作での単独主演は初めてですね。 近作は 「LAST COP THE MOVIE」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14906202.html になりますね。 
そしてトーカ役で清水富美加、この名前での出演新作はこれが最後になってしまうんでしょうか? 次回作には配役交代になるんでしょうね。
そして喰種対策局のこの地区の責任者の真戸呉緒役で大泉洋、そして金木と最後対決する真戸共に活動する捜査官・亜門役に鈴木伸之が出演しています。
原作を知らない者にとっても、なかなかこの1作目だけでは迫力は伝わってきますが、全体像や、微妙な人間関係というか喰種の関係も今ひとつわかりませんね。
一説にはこの作品に出演した関係で富美加ちゃんが出家したとも言われておりますが、確かにインパクトある原作、そしてPG12指定になる残酷描写はある意味凄いですよね。
まあフィクションとしてみる分にはいいんですが、感受性が強い人にはきついのかもしれんせんね。 ただ、原作に描かれていて、登場していないキャラも多く、とても1作では画き切れない世界観というのも確かにありますが、続編が決定すればまずはキャスティング問題が先になるでしょう。 彼女の演じた役は大変重要でしたから。
物語は、意図せず半分喰種になってしまった金木研を中心に、人間と喰種との戦いのお話ですね。 人間を食うなんてとんでもない怪物だ! という人間側の感情と、コーヒーと水以外生きていくためには人間を捕食するしかない喰種たちとの、ある意味生存をかけた戦いがエスカレートしていきます。
人間というのはこういう自分を超える能力を持った存在が現れると、決まって恐ろしく残酷となり、徹底的に排除しようとしますよね。 エイリアン物がそうですし、今度実写化される 「亜人」 もそうですね。 一連のゾンビ映画は、逆に生存競争に負けてしまった存在の人間の姿を描いている気もしますが。
さて続編ははたして作られるんでしょうか?

イメージ 1
すべては彼女との出会いから始まった

イメージ 2
喰種対策局の3人

イメージ 3
事故から退院した金木だったが

イメージ 4
この男に襲われ

イメージ 5
そしてここで働くことになる金木

イメージ 6