anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女


古代エジプト。 強く美しい王女アマネット(ソフィア・ブテラ)は次期女王の座が約束されていた。 しかし、ファラオ(王=セルヴァ・ローゼリンガム)に息子が産まれ、その約束が裏切られ、絶望した彼女は力を手に入れるために “死者の書” に記された魔術を使い、死の神 “セト” と契約を交わす。
邪悪な存在として生まれ変わったが、セト神を蘇らせる儀式の途中に捕えられる。 そしてアマネットは生きながらミイラにされる極刑を受けて棺に封印され、都に置いておくのは危険と判断され、遠く離れた中東の地で地下深くに埋められた。
ロンドンの地下鉄工事中に、巨大な空間が発見される。 それは地下の墓地であることがわかり、調査が開始されるが、そこに現れた謎の一団、彼らはこの世に存在する悪を識別、分析、拘束、破壊するために作られた秘密組織。
モンスターの神話、歴史、モンスターと成り得る条件、様々な文化特有のモンスターやその起源などを研究しており、モンスターを “科学” として扱っている。 ロンドンの自然史博物館の地下に隠し施設があり、取り仕切るのは、天才博士のヘンリー・ジキル(ラッセル・クロウ)だった。
中東の戦闘地帯で、ニック(トム・クルーズ)、クリス・ヴェイル(ジェイク・ジョンソン)は、米軍関係者と、現地の者たちを出し抜いて、なにか価値のある物の発見をしようとしていた。 ここには何かあるのではと見つけた地点、しかし敵に襲われ、米軍によって空爆が行われ、何とか危機を逃れた二人の前に、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見されたのだった。
考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)がすぐさま駆けつけ、信用できない二人を訝し目に見詰めるが、ここにあったのはただの墓ではなく、監獄ではないかということが判明する。 その時ニックは、いきなりある仕掛けを動かしてしまうのだった。それによって、監獄であった仕掛けが解かれ、棺を動かすことに成功する。
発掘に立ち会った米軍関係者のらが調査のため、石棺をイギリスに輸送することになるのだが、その時からニックは夢のような、現実ではない映像が頭の中に流れ込んでくるのだった。 そこに現れたのが、生前の姿のアマネット本人だった。
しかし輸送途中でアクシデントが発生。 ジェニーは辛うじて脱出したものの、輸送機は、ニックたちを乗せたままロンドン郊外に墜落。 石棺は行方不明となってしまう。 やがて石棺の中から、全ての人間への憎悪を募らせた王女アマネットが目覚める。 その想像を絶する復讐が幕を開け、世界は恐怖のどん底に突き落とされてゆく…

「ダーク・ユニバース」 は期待が高いですね。 今作はそのまず第1弾作品となっています。 HPから引用すると・・・ 往年のモンスター映画を次世代向けにリメイクし「ダーク・ユニバース」 としてシリーズ化する、ユニバーサル・ピクチャーズの巨大プロジェクトがついに始動。
『魔人ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』、『ミイラ再生』、『透明人間』、『フランケンシュタインの花嫁』、『狼男』などのクラシック・モンスターが、全く新しいキャストとスタッフの手によって生まれ変わる。・・・
とありますが、早くも決まっているキャスティングは、透明人間をジョニー・デップが、フランケンシュタインの怪物をハビエル・バルデムが演じるということ。 まあこれを聞いただけで、並々ならない意気込みを感じるところですが(^^)
このシリーズの旗振り役は、今作で製作・監督を務めるアレックス・カーツマンと、同じく製作参加のクリス・モーガンですね。 カーツマンの監督作品は他に1本のみですが、多くのヒット作の製作・脚本に参加しています。 モーガンも同様で、二人ともまだまだ若いですから、健康であれば20年はできますね。
今作の主演はニック役のトム・クルーズ、今作で彼も特殊な存在になってしまうんですが、まだ全貌がわかりませんが何か大きな力を得た感じですね(^^)
「ミッション・インポッシブル」 シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%DF%A5%C3%A5%B7%A5%E7%A5%F3%A1%A7%A5%A4%A5%F3%A5%DD%A5%C3%A5%B7%A5%D6%A5%EB&sk=0 「アウトロー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8470495.html 「ジャック・リーチャー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14557003.html 以外にも、ホラー系でも一つの柱にしていくのか?
そしてラッセル・クロウ、彼の役はジキル博士なんで、もちろんハイド氏に変身していきますが、それ以上に秘密組織を取り仕切る立場でした。 まあ今作のもう一人の主役はアマネット役のソフィア・ブテラ、「キングスマン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13454701.html で女殺し屋役、「スター・トレック BEYOND」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14507918.html でジェイラ役で、今後の登場もあるかも。
お話の出来としては、今後に期待感を持たせる感じになっていました。 確かに大物を多く起用しているんで、この役に重点を当てるわけにはいかなかった感じがしましたね。
早く次回作が見たくなるシリーズですが。

イメージ 1
中東でお宝探しのニックとヴェイル

イメージ 2
そこで巨大な墓?ジェニーが駆けつける

イメージ 3
ニックはアマネットの映像が頭に

イメージ 4
そしてイギリスに棺桶ごと運ぶ

イメージ 5
そして蘇ったアマネットを捕らえるが

イメージ 6
彼女の力が発揮される

イメージ 7