anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

パニック・トレイン

2013年作品、オミッド・ノーシン監督、ダグレイ・スコット、カーラ・トイントン、イド・ゴールドバーグ、デヴィッド・スコフィールド 出演。

夜遅くロンドンからタンブリッジ・ウェルズに向かう列車に、医者のルイス・シェーラー(ダグレイ・スコット)と息子のマックス(ジョシュア・カイナマ)が乗っている。 2人はロンドンで劇を観た帰りだ。 
ルイスが席を立って勤務先と電話で話していると、マイケルが見知らぬ女性・サラ(カーラ・トイントン)とぶつかった。 そのせいで彼女のコートが汚れてしまったようだ。 ルイスはサラに謝りコートを弁償しようとするが、サラは全く気にしていない様子で通路の向かい側に座った。 親しげに話しかけてくるサラに、ルイスもマイケルも好感を持つ。
列車内は騒がしく、手品の得意な移民の若者・ヤン(イド・ゴールドバーグ)が、車掌に喫煙を注意されていた。 たまたま通りがかった一等車の乗客・ピーター(デヴィッド・スコフィールド)も、ヤンに厳しく注意する。 ヤンはピーターに突っか かり、一時列車内は騒然とした。
途中の駅で、後ろの車両が切り離された。 ルイスは車両を移動している、ヘルメットを持った男性を目にする。 ルイスはなぜだかその男が気になった。 気づくとサラがいなくなっており、ルイスとマイケルはがっかりする。
2人が眠っている間に、サラが戻ってきていた。 乗客はかなり少なくなっていた。 ルイスはサラとの会話に胸を弾ませる。 サラはコートの弁償を口実に、電話番号を渡してくれた。
ルイスはまたうたたねしていたようだ。 なぜか駅でもないのに、電車が停止していた。 しばらくすると電車は動き出したが、ルイスは窓の外にケガをした様子で這っている男を目撃してしまう。 ルイスはサラにマックスの子守を頼み、車掌を探しに行く。 しかし車掌は見当たらず、一等車に乗っていたピーターに注意されてしまう。仕方なくルイスは救急に通報した。
列車はルイス親子が降りる予定の駅に近づいた。 サラは 「電話してね」 とキスをしたが、ルイスは上の空だ。 なぜなら、列車が駅に止まらず、そのまま通り過ぎてしまったからだ。 ルイスは一等車に勝手に座っている老婦人・エレイン(リンゼイ・ダンカン)のもとにサラとマイケルを残し、車内を調べに行く。
ルイスはインターホンで運転室に連絡を取るが、「乗客は何人残っているか」 と聞かれるばかりで車掌の事を取り合ってくれない。 乗客はあと6人残っている。 ルイス、マイケル、サラと老婦人エレイン、たばこを吸っていた若者ヤン、彼に注意した一等車の初老男性ピーターだ。
鍵を盗み出して車掌室に入ろうとするルイスを、またピーターが見咎める。 突然列車が警笛を上げ、スピードを上げ始めた。 ルイスは非常停止レバーを引くが、列車は止まらない。 自分の降りる駅を通り過ぎてしまったピーターも、事態の深刻さを理解した。
彼らは、この列車が何者かの操る暴走列車と化したことを知る・・・

暴走する乗り物の話は多くありますね。 邦画では 「新幹線大爆破」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13657888.html が有名ですが、バスでは 「スピード」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14451070.html が同じような展開ですね。
またミステリー仕立ての列車モノでは、「テラー・トレイン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14611514.html があります。
監督はオミッド・ノーシン、イギリス人ではないかと思われますが作品は見当たりません。 主演はダグレイ・スコット、多くの出演作がありますが 「96時間 レクイエム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12603720.html で、主人公の前妻の破たんした夫を演じていました。
そして美人のご婦人でカーラ・トイントン、34歳の彼女ですが、今作では落ち着いた独身レディでした。 あまり日本公開の映画出演作はないようですが。
物語は暴走を始めた列車に残ってしまった6人の、ある種サスペンスホラーですね。車掌が殺され、記事にあるルイスが見た人影は実は運転士だったんですね。 じゃあ一体この列車はだれが運転しているのか? まずするべきことは運転席に行って列車を止めること、誰しも考えますが、ここが実に堅牢で、全く入ることができないんですね。
確かに乗客は武器になるものなど持っていませんから、全くこじ開けること自体無理。 非常ブレーキもあまりのスピードに役に立ちません。 面白いもんで絶体絶命になるほど、6人が結束していきます。 しかしだんだんと悲劇も起こって行きます。ある種の密室劇ですが、クライマックスはなかなかの迫力でした。

イメージ 1
コーヒーで彼女の服を汚してしまうルイス

イメージ 2
彼女はサラといい父子と仲良くなる

イメージ 3
しかし人気の少なくなった列車に異変が

イメージ 4
列車が暴走を始め客たちは不安に駆られる

イメージ 5
何とか列車を止めなければ

イメージ 6