anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウターマン

2015年作品、河崎実監督、塩谷瞬主演。

50年間人気を保ち続ける特撮番組 『アウターマン』 が放映されている世界。 かつて平成アウターマンシリーズで主演を務めた俳優・足立春夫(塩谷瞬)、吉野秀樹(古原靖久)、森脇幸一(戸塚純貴)は、アウターマンのイメージが強くなりすぎ俳優としては鳴かず飛ばず
サイン会やグッズの販売、ファンイベントで糊口を凌いでいた。 しかし根強いファンもいる中、足立と吉野はファンを大切にしていたが、一番若い森脇は女性ファンしか相手にしない不遜な態度だった。
少年・青野浩(福田徠冴)はそんな中アウターマンではなく、ライバルの宇宙人・シルビー星人のファンだった。 しかし過去のシリーズの中、シルビー星人がアウターマンに勝ったことは一度もなかった。
その頃日本各地を群発地震が襲い、立入禁止区域が拡大する事態に。 時を同じくしてテレビ番組とそっくりの本物のアウターマンが本当に出現してしまう。 人類が驚嘆する中、防衛省は、これまた本物のシルビー星人・タルバ(Gero)を拘束していた。
タルバは、番組と正反対にアウターマンこそが侵略宇宙人であり、地球をアウター星の環境にテラ・フォーミングするため、番組で50年間地球人を洗脳していたのだと語る。
福山博士(筒井巧)は、昔は特撮オタクだった。 彼はその経験上、タルバの言っていることは本当ではないかと信じ始める。 それはアウターマンの出現地域は立ち入り禁止区域の近くで、そこは有毒ガスの発生地域だった。
しかし、既に洗脳されている人類にも、ホームレス宇宙人であるシルビー星人にもアウターマンは到底倒せない。 タルバの語る、アウターマンを倒す唯一の方法は、アウターマンに何の愛着もない足立、吉野、森脇とタルバが合体変身するというものだった。
そして、浩は友達からシルビー星人好きという事で陰湿ないじめに遭っていたが、それを救ったのがタルバだった。 そこに現れたアウターマン、危険を感じたタルバは、シルビー星人に変身して浩を助けようとするが、アウターマンにやられ、瀕死の重傷を負ってしまうのだった…

河崎実監督と言えば、「地球防衛未亡人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12577367.html 「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13786523.html 「日本以外全部沈没」 「いかレスラー」と 観ていますが、なかなかユニークな作品を撮ってくれますね。いずれは書庫を作りたい監督です(^^)
今作の主演は塩谷瞬、ちょうどこのころスキャンダルで、一躍時の人になってしまった時で、そういう人にすかさずオファーを出す河崎監督、なかなかしたたかですよね。
元ヒーローの3人は、いずれも戦隊モノや、仮面ライダーに出演歴のある3人。 今作ではどう考えても 「○○トラマン」 が元になっていますよね。 50年続いている特撮巨大ヒーロー、ウルトラマンは1966年放送開始ですから、この時点ではまだ50年経っていないんですね(^^)
さて物語は、実は正義の味方のアウターマンは、実際にいてとんでもない侵略宇宙人だったというお話。 そして対するシルビー星人は、ライバルというか、実は現実世界でも因縁がある両宇宙人、しかし強さの関係はテレビと一緒なんですね。
しかしここにある勝つ秘策があります。 それは一つは3人の協力、そしてもう一つ、アウターマンオタクの協力も。
今作にも、元ウルトラマンレオだった、真夏竜が出演しています。 レオって母星が破壊され、弟のアストラと故郷を失くした宇宙人でしたよね。 その設定がラストちょっと垣間見えるのがたまらない演出でした。
なかなかこれは特撮ファン泣かせの良い作品です。

イメージ 1
アウターマンを演じた足立

イメージ 2
吉野

イメージ 3
そして森脇

イメージ 4
青野美希とシルビー星人が好きな浩

イメージ 5
浩はタルバに助けられる

イメージ 6
そしてアウターマンが出現、シルビー星人と対決

イメージ 7