anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

家族はつらいよ2

2017年作品、山田洋次監督、橋爪功吉行和子、西村雅彦、夏川結衣中嶋朋子林家正蔵妻夫木聡蒼井優出演。

周造(橋爪功)と富子(吉行和子)の熟年離婚の危機から数年後。 気ままなドライブを楽しんでいる周造だったが、周造の車にへこみ傷が目立つようになり、家族は高齢者の危険運転を案じる。
そして運転免許を返納させようとするが、頑固な父を誰が説得するか兄妹夫婦で議論になった。 長男の幸之助(西村雅彦)は体よく逃げて、長女で妹の成子(中嶋朋子)に言わせようとするが、たまたまピアノの調律に来ていた弟の庄太(妻夫木聡)に言わせようとする。 仕方なく婚約者の間宮憲子(蒼井優)を連れて実家に戻るが、そこで周造がいきなり言った言葉は、お前に愛車を譲るという言葉だった。
車を手放すという事は運転を辞めると思った庄太だったが、そうではなく新車を買うと言い出す周造。 そして周造は回転よく、庄太が来た理由、そしてどういう流れで庄太と憲子に免許返上を言わせるようになったのか見抜いてしまう。 機嫌を損ねた周造は二階に上がってしまい、話し合いにならなかった。
次の日富子が友達と北欧に旅立って行った。 さっそく独身を語り、行きつけの小料理屋の女将・かよ(風吹ジュン)を誘いそばを食べに行く。 しかし途中工事で迂回しようとすると、そのガードマンが昔の高校の同級生だったことに気付く周造。 
彼はサッカー部のエースゴールキーパーだった丸田吟平(小林稔侍)だった。 そんな事に気を取られ、今度は大型トラックに軽く追突してしまい、機転を利かせたかよに示談にしてもらうが、サイドミラーとライトが破損してしまう。
しかしどうしても丸田のことが気になった周造は、同じ幼馴染みで飲み仲間の向井(有薗芳記)に相談する。 彼は調べることは簡単だと言い、今は良い生活をしていない感じの丸太を誘って飲みに連れ出し励まそうと計画をするのだった。
そして小さな同窓会を開き、しこたま飲んだ周造と丸田は、家に一晩泊まりに来たのだった…

1作目 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13976583.html は熟年離婚のお話でしたね。 それから数年後という設定ですが、間髪入れず続編の公開となりました。 山田監督作品としては喜劇を2作続けたのは寅さん終了後は 「虹をつかむ男」 以来ですね。 あの作品は西田敏行を起用してシリーズ化にしようとしましたが、さすがに寅さんの後だったので、荷が重かったですね。 1作目は好きでしたが。
しかし今作はシリーズ化になるのかがこの続編で決まっていくんでしょうか?
キャストはほぼ一緒、ゲスト出演的に、劇団ひとりが刑事役で登場しましたし、小林稔侍は別役で出演していましたね。
物語は基本いまどき珍しい3世代家族のお話。 希少価値の家族ですね。 前作でもそう感じましたが、まだまだ元気なおじいちゃん世代、そういった面で手がかかりますが、逆に病弱でも困りますし、でも昔はどこもそんなもんだったなあと思って見ていました。
しかしだんだん運転技術が衰えて来てて、ぶつけることが多くなり、車はどんどんボロボロになりつつあります。 高齢者の事故も増え、人身事故を起こしたらという家族の気持ちはよくわかりますね。 しかしこの周造の世代はそう簡単に隠居はしない、却ってまだまだ油っぽいんですよね(^^)
そしてたまたま会った丸田という同窓生が今作での中心人物。 予告編でも流れていますが、彼が帰らぬ人になってしまうんですね。 老人の一人暮らし、でも生きていくためには工事現場での車の誘導係をしているんですね。
前作に比べ、私は前作で感じたちょっとねちっこさは薄れていると思います。 そして友の死という事で、ちょっと人情話の側面も入ってきたことで、古臭いお笑い色は薄れていたと思いますが、山田監督の喜劇を味わいたい古くからのファンは物足りない面もあるかもしれませんね。
さて次もこの路線なのか? それともシリアス路線を挟んでいくのか?

イメージ 1
富子が北欧旅行に、周蔵は寒いところは拒否する

イメージ 2
庄太と憲子が説得に来るが

イメージ 3
成子が庄太に振った

イメージ 4
普段一緒の長男夫婦は言いづらい

イメージ 5
そんな時丸太と出会い励ましの会をする

イメージ 6
そして周蔵の家に来て一晩泊まるが・・・

イメージ 7