anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

放送禁止 <Mナイト> わけあり人情食堂

2017年作品、長江俊和監督、脚本、有田哲平出演。

東京近郊にある、とある人情食堂 「答々食堂」 そこで働く女将の心さん(58歳)に密着するドキュメンタリー。
この食堂は心さんが 「お悩み相談0円」 としてワケありのお客さんから様々な相談を受けてくれることで有名だ。
全国各地からやってくるお客さんと、寡黙な旦那さんとアルバイトの日奈子ちゃん。3人で食堂を切り盛りする心さんの心温まる日常、今日も多くの相談者がここを訪れている。
中年のサラリーマン風な男性は、会社をリストラになり、その事実を妻にも言えず、毎日会社に行くふりをして外出、時間を潰している。 蒸発をしようかと思ってるほど悩んでいるというのだが、心さんはそんな彼を一喝、そしてすぐに妻に相談をすること、彼のことを一番心配をしてくれる人間は家族しかいないと諭す。
また別の中年女性は、夫との間が冷えてしまい離婚をしようと思っていると相談に来た。 しかし今度の心さんの対応はがらりと変わり、どんどん彼女に話させ質問をして行く。 そうするとだんだん彼女は夫の良い点も話し始めるのだった。 そして頃合いを見てもう一度やり直して見たらどうかと提案をする。
実に相手の内面まで不覚染み入る “お悩み相談だった”
そんなある日、フェイというフィリピンからの留学生がやってくる。 彼女の相談は切羽詰まったものだった。 日本人に騙された恋人のガブリエルが 「日本人を殺したい」 と言うようになり、怖くなって逃げ出した。 しかし、そんな彼女を殺そうとガブリエルが連日探し回っているという。 警察も取り合ってくれず、困り果ててこの食堂にやってきた。
いつもなら相談を受けているとき、従業員たちは遠くから静かに見守っているのだが、この時は二人も近くで話を聞いていた。 心さんはフェイさんを匿う事に決めた。
しかし彼女の不安は増していき、そしてガブリエルが現れるのだった…

テレビシリーズで6作放映し、映画化に3本なっているこのシリーズもこれでいったん記事も打ち止め(^^)。テレビ版から派生した映画、そして再びテレビ作品、この2017年1月2日の深夜に唐突に新作が放映されました。
今までのただのナレーションのスタイルとは違い、ストーリーテラーとして有田哲平が起用され、会場のお客さんと一緒に見るスタイルに衣替えをしています。 ライブ感覚な作品になっていましたね。
わたしは第1回 放送禁止 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14911520.html を見たとき、これはマジか? と思い、出演者を検索しました。 なかなかヒットしませんでしたが、役者さんが演じていることを知ってホッとしたことを覚えています(^^)
しかしこの2作目の「第2回 放送禁止2 ある呪われた大家族」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14913197.html?type=folderlist が怖かったですね。 何か異様な雰囲気と、呪いのような側面もあり、これはいろんな恐さの複合性があって恐かったです。そしてこれは続編 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14924558.html?type=folderlist が映画化されています。
しかし今回の新作、有田君が悪いわけではないのですが、非常にわかりやすかった。 放送をしっかり集中して見ると、すべての部分が種明かしされていて、おおよそこういう内容だったのがわかる感じに仕上がっています。 もちろん限られた枠の中ですが、おおよその辻褄は見ている人には感じ取れたでしょうね。
しかし逆に、これは繰り返し隅々まで見て真実に近づいて行くというスタイルが面白くて、ゾクゾクしていたコアなファンにとっては、解りやすさは却ってレベルをあえて下げられてしまった感じがしました。
ある程度見ているファンにしては、もっと突き放すような作りの方が魅力的な気がしますが、新しいファン獲得という意味合いもあるんでしょうかね?

イメージ 1
ただで人生相談をしてくれる食堂

イメージ 3
相談を受ける心さん

イメージ 2
旦那さんと

イメージ 4
アルバイト店員

イメージ 5
そして相談者が来る

イメージ 6
ここは変わった料理ができる

イメージ 7