anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カプリコン・1


東の空が赤く染まり、やがて朝日が1日の始まりを告げようとしている中、人類史上初の有人火星宇宙船カプリコン・1の打ち上げが目前に迫っていた。 カプリコン・1には、ブルーベーカー(ジェームズ・ブローリン)、ウィリス(サム・ウォーターストン)、そしてウォーカー(O・J・シンプソン)らが乗り組んでいる。
発射5分前、突然カプリコン・1のハッチが開き、1人の男が乗組員3人を船外に連れ出し、ヒューストンより3人をジェット機で連れ去った。 そして5分後、カプリコン・1は、人々の見守る中、有人宇宙船の名の下に火星へ向かって飛び立つ。
一方、3人を乗せたジェット機は砂漠にある格納庫のわきに着陸した。 そしてそこには、NASAのケラウェイ所長(H・ホルブルッ ク)がいた。 驚く3人に向かって、彼はカプリコン・1の生命維持装置に故障が発見されたが、我国の議会や世論を今一度宇宙計画へ目を向けさせるには、今さら計画の中止は出来なかった、という事実を告げる。
そして3人は、もしさからえば家族の安全は保証出来ないという脅迫の中、格納庫にある火星表面のセット・ステージで世紀の大芝居を決行する。 そしてそれが宇宙中継の形で、全世界にTV放送された。 よろこぶブルーベーカーの妻(ブレンダ・ヴァッカロ)達。
そのころ、新聞記者のコールフィールド(エリオット・グールド)は、NASAに勤める友人から、本計画に妙な点があると告げられる。 だが、より詳細な話を聞くため、その友人の家を訪ねたコールフィールドは、そこに見知らぬ人物が住んでおり、さらにその友人が元々存在さえしていない状態になっていることを知る。
コールフィールドは友人が告げた本計画の疑問との関連性を感じ、更に詳しく調べ始める。 だがその途端、コールフィールドが運転している車のブレーキが故障し、危うく事故死する羽目に陥る。
この一件によって更に疑問を深めたコールフィールドは、飛行士の一人の妻に取材を行ったが、そこに意外なヒントが待っていた・・・

この作品は当時衝撃的でした。 実際この作品からかどうかは不明ですが、アポロ計画では実際に月にはいっていなくて、地球のスタジオから撮っていたというまことしやかな噂が立ちましたからね。
まあ、大概はUFO研究家からの奇抜な意見でしたが、それが興味本位に取り上げられるだけでなく、アポロの月面での映像のおかしな点を検証する番組も多く作られ、けっこう私も真剣に見ていました。
アメリカ、そしてNASA陰謀論を題材にしたフェイクも結構作られ、「第3の選択/米ソ宇宙開発の陰謀~火星移住計画の謎」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13376767.html 等は有名で日本でも大きな話題となりました。
今作はNASAが途中までは協力的だったという事ですが、内容を知ると態度が一変。 非協力的になった作品として有名で、何か真実の部分が隠されている感じが、匂いがするというのは勝手なSF好きのうがった見方でしょうか(^^)
監督はピーター・ハイアムズ、「エンド・オブ・デイズ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/5212884.html 「2010年」を見ていますが、その他の作品はあまり見たことが無い。
主演は宇宙飛行士のリーダー格のブルーベーカー役のジェームズ・ブローリンと、この極秘プロジェクトを暴くために執念を燃やす新聞記者・コールフィールド役のエリオット・グールドになるでしょうか?
また同僚の宇宙飛行士でO・J・シンプソンが出演していますね。 プロフットボール選手であり役者として数作に出演している中の1作ですが、それよりも一連の殺人事件は強盗事件といったスキャンダラスなイメージの方が強いですね。
この作品ラストシーンが印象強いですね。 死んだはずの宇宙飛行士が生きていた! その後一体どんな騒動が起きるのかという余韻が何とも。

イメージ 1
有人飛行を祝うアメリカ国民

イメージ 2
しかし直前に3人は降ろされ

イメージ 3
セットに連れてこられる

イメージ 4
しかしある記者が不審な点に気が付く

イメージ 5
さらにロケットは爆発3人は死んだことに

イメージ 6
そして脱出をする3人は別々で逃亡

イメージ 7
そして命を狙われる

イメージ 8