anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ミュージアム

2016年作品、大友啓史監督、小栗旬主演。

ソファで目が覚めた沢村刑事(小栗旬)、テーブルの上だけでなく部屋は荒れ放題だった。 そこに電話が入る。 事件発生だった。
殺人事件の現場に訪れた沢村。 そこには新米刑事の西野純一(野村周平)もいた。 彼は死体を見ると、吐いてしまう。
事件現場は暗いトンネル。 網に入った犬がほえている。 警察犬かと思ったら、そうではなかった。 被害者は手足を拘束された状態で、腹をすかせた犬に食われるという残忍な方法で殺されていたのだった。 あまりにも残忍な殺人事件だった。
司法解剖の結果、被害者の腹のなかから 「ドッグフードの刑」 と書かれた紙片が見つかる。 沢村はこの事件を個人の私刑と判断。 捜査が開始された。 しかしすぐまた次の殺人事件が起きるのだった。
第1の事件と同じ雨の日、次の殺人事件が起こる。 被害者はニートで引きこもっている青年だった。 引きこもりの母子家庭の太った男、ゲームばかりをして何もしない青年、母が外に出たとき、インターフォンがなる。 そして一瞬の隙を見て入ってきたカエルの仮面を かぶった人間、スタンガンで気を失った青年は、事件の犯人に椅子に縛り付けられ、弓ノコギリで頭部の上半分を切断するという方法で殺害されるのだった。 現場には 「母の痛みを知りましょうの刑」 と書かれた紙片が残されていた。
切断された頭部は3,280グラム。 それは被害者の出生体重と同じ重さだったことがわかるのだった。
第1の事件と第2の事件、被害者になにか共通点はないのかを調べるように、警視庁捜査一課一係の関端浩三(松重豊)が号令を出す。 事件はいずれも雨の日に起きており、現場には謎のメモが残され、死体はどれも見られることが念頭に置かれているようだった。 犯人として浮かび上がってきたのは、フードをかぶった人間ということだった。
捜査を進めるうちには被害者に共通のことがわかる。 それはある事件の裁判員に選ばれたということだった。 しかしそのことを聞いて沢村は驚愕する。 そうその裁判員に妻の沢村遥(尾野真千子)も選ばれ裁判に参加したのだった。
その事件とは? そして犯人はその裁判員を狙っているのか?・・・

長いこと不気味な予告編が流れていた作品、猟奇的殺人事件の作品ということですが、ヤンマガでの連載のコミックスが原作です。
監督は大友啓史、「るろうに剣心」 三部作 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12031756.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12035716.html http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12149548.html を見ていますが、意外にそのほかは未見なんですね。
主演は小栗旬、「信長協奏曲」 「ルパン三世」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12094578.html と近年の主役作品がありますが、脇でも主役でも存在感が彼はありますね。
豪華キャストの今作は、上記以外にも丸山智己田畑智子市川実日子伊武雅刀大森南朋そして“彼”でしたね。
物語はこの後、裁判員制度で、裁判員になった人間が狙われていきます。 そしてとうとう・・・という展開になっていきますが、これは急展開で進んでいきます。
そして犯人のカエル男の顔はなかなかはっきり移りませんし、映っても誰だかわからないようになっていますが(^^)
なかなか残忍な手口、そして狙われた人間について、とてもよく調べ上げている犯人、ある種天才でした。 しかしどうして雨の日に犯行を重ねるのか? そこがポイントですね。
なかなか重くて辛い作品ですが、幼少期のトラウマって怖いですね。

イメージ 1
第2の殺人が起こる

イメージ 2
連続殺人事件の犯人像を追う

イメージ 3
ターゲットのひとりに妻が

イメージ 4
後輩と打ち合わせ中に

イメージ 5
犯人らしきカエル男が!

イメージ 6