anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

PK ピーケイ

2014年作品、ラージクマール・ヒラニ監督、アーミル・カーン、アヌーシュカ・シャルマ出演。

空から巨大な雲が砂漠の上に現れる。 その中から見え隠れしているのは巨大宇宙船で、そこから煙が噴射され、そして一人の男(アーミル・カーン)が現れた。
その男は全裸で、胸に何か光る大きなペンダントのようなものをぶら下げていた。 離れたところに線路があり、列車が来そうな音が聞こえているが、そこに一人の現地の男が立って全裸の彼をびっくりした顔で眺めていた。
しかし次の瞬間、現地の男は全裸の彼のペンダントをむしり取り、列車に飛び乗り逃げだしたのだった。 そいつは泥棒で、何とかしがみついたが、振り落とされ、彼が手に入れたのは泥棒が持っていたカセットデッキだけだった。
一方、留学先のベルギーでジャグー(アヌーシュカ・シャルマ)は、詩の朗読と、歌のコンサートを見ようと、急いでいた。 しかし人気のコンサートのチケットは売り切れ、がっかりした彼女だったが、そこにダフ屋が残り1枚と言ってチケットを売っていた。飛びつく彼女だったが、そこにもう一人若い男が自分にも売ってほしいと言ってくる。サルファラーズ・ユースフ(スシャント・シン・ラージプート)といい、彼もこのコンサートに入りたい。 二人は言い争い奪い合うが、チケット代を100ユーロと言われてしまう。 正規の値段は50ユーロなのに、ダフ屋は残り1枚という事でボッていた。
お互い持ち合わせが無く変えずにあきらめようとすると、サルファラーズが、半分ずつ出し合い、ジャグーは詩を、自分は歌を聞きたいから交代で入ろうと案を出してくる。
しかしそれでも4ユーロ足りない。 そして近くにいたインド系のおじさんに4ユーロ貸してほしいと言うと、なんとそのおじさんは自分で100ユーロ出して、とっとと入場しようとした。 頭に来たジャグーはおじさんに彼が手に持っていたアイスをぶちまけ、警備員に追いかけられる羽目となり、サルファラーズと逃走した。
それが縁で二人はお互いを紹介しあうが、なんと彼はパキスタン人、インド人とパキスタン人は相いれないし、宗教も違う。 しかしジャグーは彼に一目ぼれ、交際が始まり二人はどんどん愛し合って行く。
ネットで家族に報告をするジャグーだったが、父(パリークシト・サーハニー)は信仰する教祖の導師(サウラブ・シュクラ)に相談をすると、導師はその男はジャグーを裏切ると予言をするのだった。
予言を外そうと、彼女はサルファラーズに明日結婚をしようと約束し、教会で待っていると、そこに子供が手紙を持ってやって来た。 その手紙には別れの言葉が書いてあった。
大失恋し、彼女はベルギーを立ち、でも家には戻らず、現在は母国インドのテレビ報道局で働き始める。 いつも何かネタになるものを見つけないと、番組が成り立たない彼女だったが、ある日、地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男を見かけるのだった。
そのチラシには神様の絵に “行方不明” の文字。 「この男はいったい何者? なぜ神様を捜しているの?」 
“PK” と呼ばれるその男に興味を持ったジャグーは彼を取材し始めるが、世間の常識を全く知らないその男が語る話はにわかには信じられないものだった…

監督ラージクマール・ヒラニ、主演アーミル・カーンと言えば、「きっと、うまくいく」  http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10504189.html でしたね。 近年のインド映画の名作だと思った作品でしたが、カーンの他の主演作 「チェイス!」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12498131.html も見ていますが、あの作品は一応 「Dhoom」 という作品の続編的な扱いでした。
ヒロインのジャグー役はアヌーシュカ・シャルマ、2作品ほど出演作はあるようですが私は初めてでした。 アヒル口が可愛く、ショートカットですらりとしたモデル体型、若い頃の賀来千賀子のような、長澤まさみのような(^^) 表情豊かな良い女優さんですね。
物語はなんとSFラブコメでした。 予告編では、謎の変わり者の “PK” の珍道中と思っていましたが、替わりものというのは異星人だからなんですね。 ロボットかな? と思いましたが、どうやらそうではないらしい。
しかしいきなり奪われたペンダント、そのペンダントが重要な物であり、彼はそれを取り戻すために悪戦苦闘を始めるんですね。 ジャグーと出会ったのも、彼の涙ぐましい奪還行動の最中だったんですね。
インド映画特有の歌とダンス、そして笑いとテンポ感、全てありますが、カーン演じるPKの底抜けな誠実さと、綺麗な心、もちろん感動も押し寄せてきます。
2時間半ですが、まったく時間を感じさせない良作でした。

イメージ 1
ジャグーとサルファラーズの出会い

イメージ 2
一方ペンダントを奪われた男はこの男に拾われる

イメージ 3
そして彼は泥棒を追ってデリーに

イメージ 4
PKと呼ばれる彼を追って警察に行くジャグー

イメージ 5
そしてペンダント見つけに協力するジャグー

イメージ 6