anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

DEATH NOTE デスノート the Last name


自らの疑いを解くことと、殺されたレイの復讐のためキラを追いつめてきた南空ナオミ瀬戸朝香)を消すため、恋人だった秋野詩織(香椎由宇)も犠牲にしたエリート大学生・夜神月(藤原竜也)。 
彼は死神リューク(声:中村獅童)が落とした 『デスノート』 を拾い、世の中に野放しになっている凶悪犯を独自の判断で粛清していくなか、自分の正体を探ろうとする人間さえも殺していくのだった。
一方、キラ事件を捜査するためインターポールから派遣された探偵L(松山ケンイチ)は、月への疑いを深めていく。 恋人を殺されたという事で、「キラ逮捕に協力する」 と月は自ら捜査本部に乗り込み、Lと月は互いに腹を探り合う。
そんな中、キラこと月が手を下していないのに、凶悪犯が死んで行く事件が起こり始める。 第二のキラ出現と、すぐに断定したのはさすがにLだった。 月は下手に否定しようとはせず、色めき立つ捜査本部内部で情報を探り、一体誰が第二のキラなのかを調べ始める。
リュークとは別の死神レム(声:池畑慎之介)のデスノートを手に入れたのは、アイドル・弥海砂(戸田恵梨香)だった。 実は彼女は家族を全員殺された過去を持ち、彼女自身もストーカーに殺される運命にあったのだった。
しかしそんな境遇の彼女に同情した死神ジュラスが、掟を破って彼女を助けてしまい灰となってしまう。 そしてジュラスのデスノートを彼女の届けたのがレムだったのだった。
そして彼女は、家族を惨殺した犯人を殺してくれた “キラ” を崇拝していた。 そして、顔を見るだけで相手の名前と寿命が見える 『死神の目』 をすでに手に入れているのだった。
キラを崇拝する海砂は 『第2のキラ』 と称し、キラを否定する者を殺していく。 そしてとうとう二人は出会い、お互いの存在を確認するのだが、早くもそこにいたのはLだった。
海砂と手を組んだ月は、彼女を使ってLの本名を知り、デスノートで抹殺しようと目論むが、機先を制したLによって海砂は監禁・尋問されてしまうのだった…

一応の完結編のこの作品、監督、キャストはほぼ同じですが、前作で命を落としたキャストに変わり新たに加わったのが、第二第三のキラですね。 別のデスノートを受け取ったのがアイドルの弥海砂戸田恵梨香が演じています。 そしてそのあとテレビキャスターの高田清美デスノートを手に入れ、第3のキラになるんですが、これは巧妙な月の操り人形でしたね。 片瀬那奈が演じていました。
この続編は、デスノートの特性を夜神月が、巧妙にシナリオを書き、何とか邪魔者を消そうとするところが面白い。 デスノートの所有権を放棄すると、今までの記憶がすべて消えてしまう。 それを逆手に取った上手いやり方でしたね。
さらには死神さえも手玉にとって、意外と情が深いレムを消してしまう巧妙さ。 しかしリュークはそうはいきませんでしたが。
でもLの死を賭けたやり方にとうとう…というお話でしたね。
そしてスピンオフが製作され、この作品も一応の終止符が打たれるんですが。

イメージ 1
同じ部屋で捜査に協力するふたり

イメージ 2
そして第2のキラが現れる

イメージ 3
アイドルの海砂、Lは彼女のファンだった

イメージ 4
彼女は死神の目を持っていた

イメージ 5
そして月と手を組むのだが

イメージ 6