anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

4デイズ


米国政府に届けられた一本のビデオ。 そこに映っていたのは、国内3都市に核爆弾を仕掛けたという衝撃的な告白だった。 しかも、それは4日後に爆発するという。ビデオに映っていたテロの犯人はイスラムアメリカ人、スティーブン・ヤンガー(マイケル・シーン)。 もし本当に核が爆発したら、1,000万人規模の死傷者が出る。 元軍人のヤンガーは爆薬と爆弾処理のプロ。 核兵器に精通し、3年前にロシアの核施設調査の際に核物質を盗んでいたことが判明する。
FBIロサンゼルス地方局でテロ対策チームを率いるヘレン・ブロディ捜査官(キャリー=アン・モス)がこの事件の指揮を執ることになる。
その頃FBIの捜査員はある男をマークし始めていた。 男は家族と自宅に住んでいたが、彼はすぐにあるところに電話をかけ、近づいて来たFBIに毒づいている。
その男の家に押し入り、男を拘束、彼は直ちにブロディのところに連れてこられたが、まったく動じない横柄な態度に終始していた。 実は、CIAに雇われた謎の特別尋問エキスパート “H” (サミュエル・L・ジャクソン)だった。
彼は自白させる拷問のプロだった。 事は一刻を争うのでブロディはHと組んで、自ら進んで逮捕されたヤンガーを極秘施設で尋問することになる。
しかし、ヤンガーは全く自白に応じようとはしない。 そして、非人道的な拷問を行なう “H” に対してヘレンは猛烈に反発しはじめるのだった。 だが、2人の硬軟織り交ぜたコンビネーションが功を奏し、ヤンガーの供述を得ることに成功する。
核爆弾の話は虚言であるという証言と、ビデオを撮影したビルの住所を聞き出し、部下を引き連れてそのビルに向かうヘレン。 だが、それはヤンガーの罠だった。 
1人の兵士が誤って爆弾の起爆装置に触れ、近くのショッピングモールが爆発、53人の死者が出る。 
核爆発まで残り時間はわずか。 拷問をエスカレートする “H”。 遂にヤンガーが口を開く。 それは、大統領に対する2つの声明要求だった。 
イスラム諸国の独裁と傀儡政権には今後一切、財政並び兵力の支援を行わない”、“すべての米軍 のイスラム諸国からの撤退”。 だが、テロリストと交渉はしない、と政府関係者はこれを拒否。
核爆発まで残り21時間。 刻一刻とタイムリミットが迫る中、“H” の非人道的な行為に異を唱えながらも、他に有効な手段のない一同に焦りが生じてゆく。 果たして彼らは、3つの核爆弾を発見し、米国を救うことができるのか…

監督はグレゴール・ジョーダン、長編デビューをして5作品目ですね。主演の一人はキャリー=アン・モス、彼女と言えば 「マトリックス」 シリーズのトリニティーが超有名ですが、意外と私は 「メメント」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/3273505.html のイメージも強いですね。
そしてこういう役には嵌りすぎる存在のサミュエル・L・ジャクソン、凶器に近いほどの“自白屋” “拷問専門家” でしたね。 でも近年CIA等の拷問のやり方を描く作品が多くなってきて、あまり顔をしかめることが無くなってきた自分ですが(^^)
とうとうイスラム勢力は、アメリカ国内で核爆弾を使ってきたという衝撃的な作品ですね。 しかしなかなかその要求事項を言わないヤンガーという犯人。 そしてあの手この手で、自白をさせるという中盤までは密室劇に近いんですね。
このブロディとHは、激しく言い合うんですが、何か心のどこかで信頼をしているような絶妙な連携を見せるんですね。 この後、とうとうHは奥の手を出してきますが、それも衝撃的なやり方を見せます。 ここにはもう法のもとという概念が完全にありません。
最終手段で、とうとうある答えをヤンガーから取り付けるんですが、しかしそれもというダークな展開、なかなかハードなお話ですが、凶器に満ちた拷問屋・サミュエルが見れるという意味ではファン必見かもしれませんね。

イメージ 1
いきなり拘束された謎の男

イメージ 2
ヤンガーから自白を引き出そうとするブロディ

イメージ 3
謎の男:Hとコンビを組み

イメージ 4
自白を迫るが

イメージ 5
二人は対立しあいながら、協力も

イメージ 6
そして自白を引き出すが…

イメージ 7