anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

殺人の追憶

2003年作品、ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演。

1986年10月、韓国の農村地帯華城。 広大な稲田の側溝に何かが詰まっていると、子供たちが騒いでいた。 それは若い女性ポヒ(イ・ガヨン)の遺体で、地元警察のク課長(ピョン・ヒボン)とパク刑事(ソン・ガンホ)とチョ刑事(キム・レハ)が捜査に当たることになる。
地元育ちで勘が頼りの無骨なパク刑事と直情型のチョ刑事は、めぼしい男を訊問するが捜査は進まず、2か月後、線路脇の稲田でヒャンスク(キム・ハギョン)の遺体が発見さる。
どちらも赤い服の若い女性で、被害者の下着で拘束し強姦、絞殺する手口から同一犯とされ、パク刑事は恋人ソリョン(チョン・ミソン)の情報から焼肉屋の知的障害の息子クァンホ (パク・ノシク)を容疑者と目星をつけ拘留するのだった。
そこへソウル市警の若手で理論派のソ刑事(キム・サンギョン)が赴任してくるのだった。 周りと馴染まず、言葉数の少ない彼だが、課長からはどうしてこんな田舎に来たのか? と訝しがられる。
クァンホを犯人と決めつけたパク刑事とチョ刑事は証拠をねつ造、暴行して自白を強要するという露骨な捜査をし始める。 自白も、二人が言った通りのことを言うように、強制され、現場検証の時がやって来た。
多くの野次馬、そしてマスコミ注視の中、クァンホは徐々に証言を現場でしていくが、彼は決定的に自分は知らないと言ってしまい、警察の強引な拷問による自白強要が問題化してしまうのだった。
ソ刑事は、その前に手が不自由なクァンホに、ロープを固く結ぶのは不可能という彼が犯人ではない証拠を掴んでいたが、功を焦った二人の刑事が暴走した結果だった。
ク課長は解任、新任のシン課長(ソン・ジェホ)は、犯行は不可能というソ刑事の主張を支持、クァンホは釈放されるのだった。
また彼は、殺害日が雨と指摘、行方不明のヒョンスン(リュ・テホ)殺害を示唆し、やはり遺体が発見される。 厳戒態勢が敷かれ、女性刑事ギオク(コ・ソヒ)のおとり捜査などが続く中、女子中学生ナムジュ(イ・オクチュ)から ”便所の男” と ”泣く女”の噂を聞くのだった…

監督はポン・ジュノ、彼の作品は 「グエムル-漢江の怪物-」 「母なる証明」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8843648.html 「スノーピアサー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11083676.html と見ています。
主演はソン・ガンホと、キム・サンギョンのダブル主演という感じの構成ですね。 ソン・ガンホの近作は 「弁護人」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14561390.html 「スノーピアサー」 でも存在感のある役で出演していて、私が見た作品に多く出演していて好きな俳優ですね。
キム・サンギョンは「悪魔は誰だ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14382308.html での刑事役は良かったですね。
物語は連続暴行殺人犯の警察の捜査のお話ですね。 犠牲者の衣服を殺人の道具とする悪質な殺人犯。 しかしなかなか用心深い犯人で、目撃者がほとんどいないんですね。
ただやみくもに捜査をするパクとチョの両刑事ですが、ちょっと強引すぎ、必要な拷問で犯人を仕立てあげてしまいます。 しかし、赴任してきたソ刑事は、じっくり殺人の共通性を調べいくつかの重要な状況証拠を見つけていくんですね。
今から30年前の韓国は、DNA検査ができなんですね。 後半犯人と思しき男を逮捕するんですが、証拠がない。 そこでほんのわずか検出された犯人らしき人間の精液を鑑定するため、アメリカに依頼するんですね。 その間はじっと待っていなければならない、しかしそこで致命的な新たな殺人が起こるんですね。
これが何とも痛ましい。 しかし韓国映画はこれもきっちり映すんですね。 これはちょっと目を背けたくなるシーンでした。
そして何とも鬱憤が残るラスト、面白いんですが、スッキリしないエンディングでした。

イメージ 1
逮捕した犯人を取り調べるが

イメージ 2
現場検証で彼は否定してしまう

イメージ 3
しかし何らかのことを知っているクァンホ

イメージ 4
そしてソ刑事がやってくる

イメージ 5
二人は真犯人に近づいていくが

イメージ 6