anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハンコック

2008年作品、ピーター・バーグ監督、ウィル・スミス主演。

ロサンゼルスで事件が起こるたびに登場するスーパーヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)。 空を飛び、怪力で不死身の彼は、あらゆる事件を解決に導くが、そのたび過剰な暴力で器物破損してしまうのが悩みのタネ。 おかげでロサンゼルス市には膨大な損失を抱え、市民たちはハンコックを 「クズ!」 と蔑んでいた。
有名な彼は、事件が起こると、酔っ払って寝ていても子供に起こされる。 しかし、荒っぽい解決しかできないしやろうとしなかった。 超人であるがゆえの孤独感が彼を支配していた。
そんな時、踏切で立ち往生してしまい、列車を避けることができなくなったレイ(ジェイソン・ベイトマン)と知り合った。 この時も、レイの車を抱えてどかすのではなく、水から列車に体ごとぶつかり列車を大破させて救うというとんでもない方法を取るのだった。 その場で大災害となり、罵られるハンコックだったが、レイだけは彼に命を救われたと言い、彼を称賛する。
企業PRが仕事のレイは、ハンコックにイメージアップ戦略を提案する。 ハンコックを家に招くと、美しい妻・メアリー(シャーリーズ・セロン)と、息子のアーロン・エンブリー ジェイ・ヘッドが出迎えてくれた。 そしてハンコックはレイの提案を受け入れたのだった。
レイの戦略は、 訴訟を起こされたハンコックを刑務所へ収監させ、しばらくして、ハンコックが居なくなったロサンゼルスでは犯罪発生率が上昇することになる。 世間はハンコックの必要性を考える。 しかし、それまでハンコックにおとなしく服役ができるかどうかにかかっていた。
そこにレイの意を受けて、メアリーが衣装を差し入れに来た。 その時ハンコックはメアリニーに対して何かを感じたのだった。 メアリーはレイはあなたのことを信用していると言い、ハンコックはだんだんと心を溶かしていくのだった。
そこに凶悪な人質を取った武装グループの事件が起きる。 ハンコックは警察の要請を受け、現場に向かい、見事事件を鎮圧する。 そしてその解決方法を見ていた警察官、民衆から称賛を受けるのだった。
レイの戦略は成功し、ハンコックはヒーローとなった。 そしてレイの家で祝杯を挙げた夜、事件が起こるのだった…

これは大変面白かったヒーロー物のコメディ、何かウィル・スミスの人間像とある意味ダブったような、意識したのかどうかなかなか面白い作品でした。
監督はピーター・バーグ、「バトルシップ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14223661.html 「ローン・サバイバー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11300244.html を近年撮っていますが、俳優としても多くの作品に出演していますが、今はほとんど監督業でしょうか。
原作物なのかと思いましたが、どうやらそうではないようで、ウィル・スミスを主人公に据えた新たなヒーロー物という事らしいですね。 でもほとんど、“スーパーマン” ですね。 寿命、不死身さ、跳び方の不恰好災害はほぼ一緒、時間もコンパクトですね。
考えてみると、ヒーローが活躍する時に、そのとばっちりを受ける民衆は少なからずいるわけで、それを誇張したのがこの作品。 でも、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14111716.html も「バットマンVSスーパーマン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14011774.html も、シリアスにこの問題を映画化していましたからね。
ちょっと時代を先取りしたヒーロー作品かもしれませんね。

イメージ 1
スーパーヒーローの彼

イメージ 2
しかし性格は最悪

イメージ 3
レイを救い、ある提案を受ける

イメージ 4
新たなヒーロー像にイメージを変えること

イメージ 5
そしてまともな人助けに成功

イメージ 6