anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

さざなみ

2015年作品、アンドリュー・ヘイ監督、シャーロット・ランプリング主演。

イギリスの小さな地方都市に暮らす夫婦、ジェフ(トム・コートネイ)とケイト(シャーロット・ランプリング)は、結婚45年になる。 子供はおらず、仕事を引退した今はささやかな日常を送っている。
土曜日に結婚45周年祝賀パーティを控えた月曜日、ジェフに一通の手紙が届く。 50年以上前、雪山でジェフの恋人カチャがクレパスに落ち、行方不明となっていた。 しかし温暖化により雪が溶け、当時の姿のまま発見されたので遺体確認に来てほしいという、スイスの警察からの手紙だった。
どうしてジェフが遺体確認に行かなければいけないのか? ジェフが彼女と結婚していた事実はないのにと、ケイトの心の中に大きな疑問が湧き上がる。
ジェフが 「ぼくのカチャ」 と不用意に口にしたとき、実はカチャとは結婚するつもりだったことがジェフから伺いとれたケイトだった。 二人の日常に変化が訪れる。
ケイトに事情を説明するジェフは目の前の妻の存在を忘れ、上の空となっている。 ケイトは家の中に冷たいものが入り込むのを感じる。
祝賀会の下打ち合わせに出掛けたケイトは、時計店でスイス製の高級時計を見つける。 45周年の記念に夫にふさわしいと思い、家に電話を掛けるが、夫は出ない。何かに気を取られて電話に出られないのだと察し、ケイトの気持ちに陰りが生まれていく。 ケイトが家に戻ると、ジェフはいつもの夫に戻っていた。
しかし夕食の席で、ジェフはケイトにカチャとの出来事を語り出す。 警察には夫婦と言ってあり、カチャはおもちゃのような指輪を左手の薬指にしていた、と。 ケイトは余裕の表情でやり過ごすが、内心は話を切り上げたくて仕方なかった。
ケイトは存在しない女への嫉妬心を重ねていき、夫へのぬぎいきれない不信感を募らせていく…

この作品は公開時に見たかった作品、私にとってシャーロット・ランプリングは妙に印象残る女優さんなんですね。 「愛の嵐」 はしっかり見ていませんがあのシーンは物凄くインパクトがありましたし、同時期に 「未来惑星ザルドス」 にも出演。 子供心に圧倒的な存在感のある女優が印象づいたんでしょうね。
その後 「オルカ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13555208.html で科学者役、「スイミング・プール」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6495838.html では官能的なシーンもあり、「家の鍵」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6036795.html では主人公に対して生涯を持った子供の接し方をそれとなく教えてくれる女性をさらりと演じていました。
一番最近見た出演作は、「リスボンに誘われて」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12744984.html でしたね。 この作品では、今作で夫役を演じているトム・コートネイと一緒に出演しています。
監督はアンドリュー・ヘイ、他作品が一作公開されているようですが、今作で初鑑賞でした。
物語は今まで45年間、普通に暮らしてきた子供のいない夫婦の物語。 ちょっと偏屈らしい夫との暮らしですが、それなりに穏やかに生きていた生活に、突如として波風が立ち始めるんですね。
それはスイスの雪山で発見された冷凍状態の遺体でした。 ケイトと会う前にジェフが結婚しようとした女性でした。 雪山でクレパスに落ち、そのまま行方不明となっていたんですね。
もちろんとっくに諦めていたし、そうせざるを得ないからケイトと結婚したんですが、ジェフがまず激しく動揺してしまいます。 親密だったとはいえなぜそこまで動揺するのか? 夫が少しずつ不審な行動をとり始め、ケイト自身も心穏やかになれなくなっていきます。
45周年の前にOB会があり、夫はその出席も嫌がりますが、それは友人たちの手前なんとか出席しますが、そんな夫の留守にケイトはある物を見てしまうんですね。
パーティーの席上で、祝福され笑顔を見せるケイト、しかしその後の形相が何か肌恐ろしく感じるのは私だけでしょうか?
70歳になるランプリングだからこその演技の作品でした。(G)

イメージ 1
45周年を迎えた夫婦

イメージ 2
しかしスイスからの知らせがこの夫婦に波風を起こす

イメージ 3
パーティーが土曜日に迫る

イメージ 4
夫をOB会に送るケイト

イメージ 5
しかし心はざわめく

イメージ 6
そして当日を迎える

イメージ 7