anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

黒い十人の女

1961年作品、市川崑監督、岸恵子山本富士子船越英二出演。

現代の煩雑な社会の一分子テレピプロデューサー風松吉(船越英二)。 メカニズムに押し流されている彼には近づく女も多い。 彼と関係した女は十指に余る。
妻の双葉(山本冨士子)はそんな夫をあきらめて淋しい毎日をレストラン経営にまぎらわしていた。 責任のない関係のつもりだったが、女の方では奇妙に風を忘れられない。 行きづまりを感じている女優石ノ下市子(岸恵子)もそんな一人だった。
女たちは風のことが気になるあまり二言目には 「風がポックリ死ねばよい」 「風を誰か殺してくれないかしら」 と言うのだった。
女たちのそんな話を耳にした風本人は、十人の女が自分を謀殺しようとしていると思 い込む。 根は気の弱い男なのだ。
どうして自分が殺されようとしているのか彼にはわけがわからない。
思い悩んだ彼の相談相手は、妻の双葉だった。
或る雨の夜、双葉のレストランに集まった十人の女たち。 彼女らの目の前で双葉の拳銃が火を吹いた。 ばったり倒れた風松吉。 驚く女たち。
果して真実の殺人か狂言か?・・・

当時としてはどうなんでしょう? 珍しい女性の群像劇だったと思います。 そして若々しい当時の一線級の女優が勢揃い。 みんなお美しい盛りですね。
監督は市川崑、私の時代ではもう超ベテラン監督で、横溝正史金田一耕助の出てくる作品で馴染みがありました。
独特なタッチの監督で、この作品は1961年でしたが、晩年ほど監督らしさは少なかったというか、歳を重ねるにしたがって顕著になって行ったんだなあと思いました。
私は晩年の作品が結構好きで、「どら平太」  http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/2775676.html 「かあちゃん」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11658291.html などは何回か見ました。
物語は10人の女性たちが抱く殺人願望、それに恐れおののく風という男の滑稽さを描いたお話ですね。 10人で共謀すれば、完全犯罪ができるのか? なんですが、10人いれば女性たちも十人十色。
流される人間もいれば、中には風のことを考えて、自分と一緒になってほしいと真剣に懇願する女性も出てきます。
上記以外に、中村玉緒宮城まり子岸田今日子、宇野良子、村井千恵子、有明マスミ、紺野ユカ、倉田マユミが出演。女優たちのつばぜり合いも面白い作品かもしれませんね。

イメージ 1
風と双葉の夫婦

イメージ 2
愛人の一人、女優の市子

イメージ 3
10人はあるたくらみを

イメージ 4
問い詰められる風

イメージ 5
そしてとうとう

イメージ 6